コミュニティが持続可能になっていくカギは!?

2年前にアズワン鈴鹿コミュニティを探訪した水城ゆうさん(ピアニスト、小説家)のブログ「水の反映」で、アズワン鈴鹿コミュニティに暮らしながらトランジションジャパンなどで活動している北川道雄さんとの対談ビデオが紹介されています。また水城さんは、4月から開催されるガイアエデュケーションの講師でもあります。どうぞご覧ください。



2017年3月24日。
持続可能な社会・コミュニティを実践し実現しているアズワンネットワークの北川道雄さんが国立の家に遊びに来てくれました。

持続可能な社会をめざすカレッジなどを運営しながら、コミュニティが持続可能になるための人と人の柔らかな関係を研究したり、各地をまわって広める活動をされている北川さんに話を聞きました。
また、つい最近もアズワンのカレッジやセミナーに参加したばかりの藤田俊紀さんにも、その感想やご自分の体験をうかがいました。
各地への広がり | - | -

幸せを運ぶ会社~おふくろさん弁当ー社長係のお話を聞いて

3月15日に神戸市のシェアハウス「和楽居」で開かれた、おふくろさん弁当社長係・岸浪龍さんのお話会。様々な反響がありましたが、感想を参加者の方がブログに書いてもらっていますので、紹介させてもらいます。

昨日は垂水のシェアハウスわらいさんで、おふくろさん弁当という会社の社長係の龍さんが来られてのお話会でした。

興味ありそうな友達数人にも、こんなのあるよーと声をかけて、一緒に参加しました。

おふくろさん弁当とは?

規則も命令も上司も責任もない!
人を大切にしていて、働く人が幸せになっていく、みんなが楽しんで仕事している、会社。

1月に鈴鹿のアズワンコミュニティのお話を聞いた時に、おふくろさん弁当の事を知り、えーっ!そんな会社があるの?素晴らしい!
と衝撃を受け、実際にアズワンの社会作りカレッジでも、おふくろさん弁当を訪問して、お話を聞くと、やっぱり凄い、と思ったけど、更に詳細を知りたいなと思いました。

続きはこちらをどうぞ
幸せを運ぶ会社~おふくろさん弁当ー日々いろいろ日記
各地への広がり | - | -

第8期持続可能な社会づくりカレッジ、終了しました!

1月から3回シリーズで開催されてきた、第8期持続可能な社会づくりカレッジが、3月20日に終了しました。2014年に始まって期を重ねてきた社会づくりカレッジですが、第8期まできて一段と中身が深まってきているようです。


そんな様子をFacebookからと参加者のレポートから紹介します。

第8期持続可能な社会づくりカレッジ、終了しました。
回を重ねる度に、ぐんぐんと深まった関係の中で、心がどんどんとオープンになっていきました。ゼロから見直してみたら、「やってもよい、やらなくてもよい」ことばかり。責めたり、責められたりがない、自由で安心の環境をつくっていきたいなぁ。それぞれの地に、出発していきました。(北川さんのFacebookより)

参加者のレポートより
自分自身が「どう思っているのか」「どう物事をとらえているのか」を全く分かっていなかった事に気づかせていただきました。『自分の気持ち』と思っていたことが、実は『それが良いこと』という思い込みがあったこと、本当はもっと大切にしたい気持ちが別にあるということや『相手への押し付け』になっていたこと、など多くの気づきをいただきました。
いつもゼロから考え直し、まず「やってもいいし、やらなくてもいい」という所から、自分の中にある気持ちをしっかり掴む練習をしていきたいと思います。
各地への広がり | - | -

神戸での岸浪龍さんのお話会で、大きな反響がありました

3月15日(水)に、神戸市垂水区のシェアハウス「和楽居」で、おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんによるお話会が開催されました。ここ「和楽居」では、3回目のアズワンお話会でした。この神戸を中心として、何人もの方たちが最近探訪DAYに参加されていて、5月のアズワンセミナーにも5名以上の方が参加予定です。

どんなお話会になったのか、Facebookから紹介します。

岸浪龍さん
初神戸 in 和楽居
おふくろさん弁当のお話を、神戸垂水のシェアハウス「和楽居」さんでさせて頂きました~😉
ここには、もうすでに「人が幸せに生きられるコミュニティを作ろう」と、真面目に動き始めている仲間がいます(^O^)
そして、気持ちのある優しい人達が、たくさん集う場所があり♪
拙い話でしたが、真剣に耳を傾けてくれて、本当にありがとう😃
また行きたい、暖かい場所でした。
神戸いいね~😆
各地への広がり | - | -

人が生かしあって生きるヒント!

先週に引き続き、お話させていただきました (●’ω’σ)σ。
3月14日のゆめのたね放送局「こっからパーマカルチャー」 ~いのちのよろこぶ方というインターネットラジオで、片山弘子さん(えこびれっじネット日本(GEN-Japan)代表理事)が、「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティ」についてをトーク!!
おふくろさん弁当、SUZUKA FARM、鈴鹿カルチャーステーション(SCS)などなど、いろんな要素満載です。
どうぞお聴きください。以下をクリック↓↓↓

 ゆめのたね放送局「こっからパーマカルチャー」3月14日の放送


各地への広がり | - | -

沖縄本島と久米島でアズワンお話会

アズワンネットワーク北九州の吉岡和弘さんが、沖縄本島(5日)と久米島(7日)でアズワンお話会をしました。どちらも、想像していた以上に盛り上がりを見せたようです。
吉岡さんのFacebookから紹介します。
沖縄で
アズワンお話し会。
大盛り上がり!
19時に始まり、
21時半終了の予定が、
23時半過ぎてもほとんど帰らず、話してる!
時代の進化を感じます。
トランジション糸満が三分の一、
パーマカルチャー沖縄が、三分の一、
その他三分の一


各地への広がり | - | -

自由に伸び伸びと仕事~鈴鹿市の弁当製造の事例に注目~

先月26日、岩手県盛岡市で開催された「働く人が幸せになる会社づくりセミナー」が、盛岡市の松園新聞3月1日第116号に掲載されました。



☆関連記事:「イーハトーヴから、龍さんのセミナーその後です」

記事掲載文章は、以下をご覧ください。
↓↓↓
各地への広がり | - | -

「こっからパーマカルチャー」にゲスト出演します。

先日アズワン鈴鹿コミュニティ探訪DAYに来られた方がされた池田さんのラジオ番組「こっからパーマカルチャー」(インターネットラジオ)に、アズワン鈴鹿コミュニティの片山弘子さんがゲストとしてお招きいただきました。
☆今夜と来週14日(火)夜の放送です。
21:30になりましたらこちらをクリック!
↓↓↓
http://www.yumenotane.jp/now-playing
「関西チャンネル」のすぐ下のPlay ボタン▶をクリックしてください。
(iphoneまたはネットがつながる環境あればオンタイムで世界中どこででも聴けます)



★3月7日(火):それぞれの地域に、個性豊かなコミュニティを実現するためプログラム~ユネスコ認証「ガイア・エデュケーション」

★2週目/3月14日(火):その人らしく暮らす、その人らしく生きる かつてない新しい試み ~「アズワン鈴鹿コミュニティ」

詳しくはこちら ⇒ 「こっからパーマカルチャー」 ゲスト:片山弘子さん
各地への広がり | - | -

イーハトーヴから、龍さんのセミナーその後です

盛岡のアズワンネットワークイーハトーヴの吉田直美さんから、おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんのセミナーを終えて、参加者の感想やこれからについての記事が届きました。


アズワンネットワーク イーハトーヴの吉田直美です。
2月25日に,鈴鹿のおふくろさん弁当社長係の龍さんをお招きして一般の方を対象に「働く人が幸せになる会社づくりセミナー」を開催しました。アズワンネットワークの取り組みは毎年,当地でもお伝えしているのですが,今回はこれまででも最大規模,55人の参加でした。
参加者は多様で,福祉関係,教育関係,事業者等々様々でした。仲でも福祉関係の方の関心が高く,べてるの家の当事者研究のようだと評価している方もあり,福祉業界との親和性も高いように感じました。
どんな人でも,自分が大切にされれば,人も大切にしようと思うし,安心できる環境に置かれればおのずと自らが持っている能力や力が発揮できるんだなぁということを改めて感じました。
ご参考までに,参加者の感想を一部ご紹介したいと思います。
各地への広がり | - | -

盛岡でおふくろさん弁当社長係のセミナーが開催されました

2月25日(土)に盛岡市内で、おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんによる、「働く人が幸せになる会社作りセミナー」が開催されました。心を心で運営する会社の話しが、たくさんの参加者の方たちの心に響いたようです。
宮沢賢治からつながるイーハトーヴの地にとっても、新しい生き方の種まきがされて、これから広がっていきそうです。

Facebookから、龍さんの投稿と二人の方の感想を紹介します。
「働く人が幸せになる会社作りセミナー」in盛岡
たくさんの皆さんにご参加頂いて、本当に嬉しかった~(^O^)
心を心で運営する会社の話し、盛岡の素朴で綺麗な心のある皆さんに届いたかなー
本当にありがとうございました





【新しい形の組織】
規則、命令、上司、責任がない会社が存在しています。
その本を年末に読み、その形態や何でそんなことが出来るのかというとこに興味深々に。
そんな会社の社長係(形式上の代表の役割)さんの講演が盛岡であったので行ってきました。

そんなことは出来っこないと思ってましたが、コミュニティづくりのヒントを得た感じです。
疲弊しない組織づくりにも繋がります。
良くある会社の一般的な「常識」
仕事できる、早い人=上に立つ人
仕事できない人、遅い人=下にいる人
というところから疑い、その形を壊すというところから始めたとか。
給与体系も相談で決めるとか。
謎が多い、??だらけの会社ですが
普通を疑うのは
大切な作業かも知れません。
各地への広がり | - | -