「しあわせの経済」世界フォーラムin東京で日本のモデル紹介


11月12日2日目。全体会に分科会B3のパネラーが登壇

◆「ローカル経済」のモデルを世界へ発信!

「グローバルからローカルへ」「Local is beautiful」を合言葉に「『しあわせの経済』世界フォーラム2017」が11月11日、12日に東京で開催されました。国内外から環境活動家や思想家が集い、地球の未来について語り、学び合った2日間です。フォーラムは「ローカリゼーションの動きを世界に広めよう」と2012年に米国で初めて開かれ、以後、インド、韓国、イタリアなどで実施され、今回初の日本開催となります。
つまり、ローカルへの流れを創ることで、グローバル化された経済に歯止めをかけ、世界の貧困、格差、気候変動など様々な問題を解決していこうとしているのです。

私たちは、今の社会で暮らしていますが、そこに生きずらさがありながらも、世の中はこんなものだと諦めていないでしょうか。その一方で、自分の足元から、なんとか住みよい地域社会にしていこうという活動があちこちで起こっています。

例えば、日本各地で、スローライフ、地産地消、里山資本主義、パーマカルチャー、トランジションなどをキーワードに、若者もシニア世代も、団体やグループを作り、つながりながら、各々思い思いに動き出しているのです。

そういった人たちが今回の世界フォーラムに集結しました。同じ思いの人たちが一堂に会したことは、横の連携と新たなつながりを産み、力が一段と結集したのではないでしょうか。

◆地域はどう変わったか?


分科会会場で
さて、フォーラム2日目は、明治学院大学を会場に12の分科会があり、〈B-3〉会場では「都市とローカリゼーション~日本のローカリゼーションを実際やってみて地域はどう変わったか」をテーマに、その発表がありました。
- | -

「こんな会社ありえない!?」春日井市異業種交流「ようゆう会」で講演

11月10日、愛知県春日井市で、「何よりも《話し合い》を優先する会社」というタイトルで「おふくろさん弁当」の講演会がありました。主催は、異業種交流をすすめる「ようゆう会」さんです。「おふくろさん弁当」から社長係の岸浪龍さんが話に行きました。

そんなこと「よういう(言う)なあ」が会言葉の、愛知県春日井市の交流会「ようゆう会」さんで、おふくろさん弁当の「規則やルールより、心を大切にする働き方」の実践を紹介させて頂きました♪♪
そんなお伽の国のような話しを「よういう」ても、皆さん暖かく受け止めてくださり、「本当は諦めないで目指したい世界」を、一緒に考えることができました。
素敵な場を用意してくださった、ようゆう会の滝澤さん、鵜飼さん、ご協賛で協力くださった菱川社長、本当にありがとうございました(^O^)(岸浪さん)


- | -

「与贈」循環による社会を「哲学塾」で考える


「哲学塾2017」で講演する清水博先生(場の研究所所長)

「与贈」で出来る「居場所」は「コミュニティづくり」そのもの

           アズワンネットワーク活動広報部 岩田隆

大型で強い台風21号が接近中の10月22日、新潟市で開催された「哲学塾2017」という、とてもエキサイティングな集まりに行ってきました。
「場の研究所」と「株式会社博進堂」さんの共催で開かれ、私は初めて「場の研究」というものに触れました。その面白さにシビレています。

「場の研究所」は、これからの新しい社会、人々、国際社会、地球のために、最も大切な思想とその方法を研究している所です。その所長さんが清水博先生。生命を捉えなおし、場の研究へと発展させ、「与贈」という考え方を生み出しました。その与贈循環による社会を提唱しています。「与贈」とは、見返りを求めずに一方的に贈ること、先生の作られた言葉です。この「与贈」が今回のキーワードでした。

- | -

余市エコカレッジで「人が人らしく働ける会社」を考える

「持続可能な暮らしと社会」の推進を目的に、コミュニティモデルの創造および普及啓発の活動を行う "北海道エコビレッジ推進プロジェクト"があります。その企画で「第7回余市エコカレッジ」に、「おふくろさん弁当」の岸浪龍さんが招かれ講演会や講座などが開かれました。その様子を北海道エコビレッジ推進プロジェクトのFacebookから紹介します。

このプロジェクトを進めている一人がアズワンネットワーク北海道の及川修司さんです。「みんなが幸せになる会社づくりのカタチ」講演会は、NPO法人北海道エコビレッジ推進プロジェクトとアズワンネットワーク北海道の共催で開催されました。2日目は北海道エコビレッジ推進プロジェクト主催の講座が開かれました。



常識が壊されたワークショップだった?

10/28(土)~29(日)第7回余市エコカレッジが終了しました

今回のカレッジも豪華な講師をお招きしました!
三重県で、新しい都市型エコビレッジとして注目されるアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティから、「おふくろさん弁当」というお弁当屋さんで「社長係」を務める、岸浪 龍さん。
上司も規則も命令もない会社!?そんな会社あり得ない!と、誰しもが思うでしょう。。。
しかし、実在しているのです!
「人が人らしく働ける会社」を目指して、企業されたという岸浪さん。「人の気持ち」を大切にすることで、誰しもがのびのびと能力を発揮しながら働くことができ、結果として、業績も上がったと言います。
目から鱗が出るような講演の後は、コミュニケーションに関するワークショップへ。
テーマは「怒り」。
「最近、苛々したこと」「怒ったこと」を一つ挙げて、「なぜ、怒ったのか?」、「実際に起きた出来事」と「自分の中で起きたこと」を整理し、掘り下げていきます。
怒ったり、苛々する原因が実は「〇〇だから△△に違いない」「普通は〇〇であるべき」(でもその「普通」の基準は自分で決めたもの)など、実は自分の中だけで価値を決めたり、思い込みしていることなのです。
普段と全く違う思考回路を使ったため、ワークショップが終わった後は皆さんぐったり。自分の中の常識が壊されていく瞬間でした。
持続可能なコミュニティは、持続可能なコミュニケーションから。今回のカレッジで学んだことを肝に銘じて、今後の活動にも活かしていきたいです。
皆さん、お疲れ様でした!(北海道エコビレッジ推進プロジェクトさん)
yoiti00_s.jpg
- | -

「もっと本心で繋がっていきたい」アズワン筑豊の小鶴さん



「人との関係性をもっと本心で繋がっていきたい!」
そんな思いでアズワンネットワーク筑豊の窓口を務める小鶴厚子さん。
毎月2回、アズワンに触れたことのある仲間で検討会を開いている。また年2回、1泊の合宿を企画して、サイエンズ研究所の人も招いて検討会を開催している。
今回、サイエンズスクールの『人生を知るためのコース』に参加し、その帰り際に、筑豊での活動の様子や、その元になる願いを伺った。

サイエンズやアズワンに触れた人たちが自分の場所で何がやれるのか、それが周囲にどんな変化を与えるのか、アズワンネットワークの願う「争いのない幸せな世界」にどう近づいていけるのか、その可能性を取材できればという思いからだ。

表面的な問題はないが…

厚子さんは夫との二人暮らし。ヨガ教室も開ている。周りには仲の良い友達がいて、いろんな活動やアクションを起こしている。夫婦仲が悪いわけではないし、何かしようというときに集まる仲間もいる。
「表面的には何も問題はないですが、もっと本音で、本心で繋がっていきたいって思う」

- | trackbacks (0)

四国初のアズワンお話会、高知にて開催

四国で初のアズワンネットワークの芽吹き
8月25日(金)から27日(日)にかけて、高知市内で四国で初めてとなるアズワンお話会や探究会が開かれました。
北川さんのレポートと、Facebookから紹介します。

今回の企画を主催してもらったのは、5月から7月にかけての持続可能な社会づくりカレッジと、7月のアズワンセミナーにも参加した、川崎倫ちゃんです。
坂本龍馬の銅像で有名な桂浜に近い、「シンフォニア」と呼ばれているお宅が会場でした。
25日夜は、近くの集会所でアズワン紹介のお話会があり、8名の方が参加しました。26日は、午前10時からお昼まではアズワン紹介のお話会で、午後から夕方にかけては、「話し合いとは?」というテーマで、探究する会をやってみました。
探究会では、前日から引き続いての方もいて、それぞれの実例なども出し合う中で、笑い転げるような場面も何度かあり、ゼロから探っていく楽しさが少し伝わったようでした。
夜は、お土産で持って行ったスズカファームの野菜やブドウと、高知ならではの鰹のたたきで、食事会でした。人数は少なかったですが夜が更けるまで語り合って、誰からともなく「アズワン高知」をつくりたいという声が出て、小さいながらも芽が出てきつつあるのを感じました。

以下、facebookからです。
人生初の、南国土佐は高知に来ています。四国で初めてのアズワンお話会が、昨日から今日にかけて開催中です。昨夜は、地域の集会所であり、残られた方たちで写真を撮りました。
今日は、午前中から夕方にかけて、そのすぐ隣の「シンフォニア」という素敵なお宅で開催されます。お世話してもらっているのは、前回の持続可能な社会づくりカレッジに参加した、倫ちゃんとやまちゃんです。二人とはうれしい再会で、今日の1日もとても楽しみです。

- | trackbacks (0)

大阪で「働く人が幸せになる会社づくりセミナー」開催されました



8月2日、大阪市港区民センターで「働く人が幸せになる会社づくりセミナー」が開催されました。Seven Generations代表の宇佐見博志さんらが主催したセミナーです。早速レポートをFBにアップされていたので、ここに紹介させて頂きます。

a74_n.jpg

「働く人が幸せになる会社づくり」の研究会を開催しました!

「従業員が輝き、和やかに働ける会社」になるには、どうすればいいのか?
おふくろさん弁当のような会社を参考に、自分の会社ではどこから取り組めばよいのだろうか? という経営者の方々を中心に、様々なバックグラウンドを持つ皆さまにお集まり頂きました。

三重県鈴鹿市のおふくろさん弁当 岸浪龍社長のセミナーでは、美人スタッフおふたりの体験のシェアも行われました。

研究会では、質疑応答で、おふくろさん弁当の経営のあり方を掘り下げ、その後、自分達の会社・コミュニティでは、何から始めたらいいかをグループで話しました。

その後、spinns, mumokutekiなど衣料品販売の(株)ヒューマンフォーラムの岩崎仁志社長に、2年連続のマイナス成長後、どのようにV字回復させたかを、「幸せなチームづくり」の視点で話して頂きました。

感想
・幸せなチームづくりのヒント、新しい学びがあった。
・こんな組織があるんだ!という感動。
・組織の中で、上下にはさまれて気を使ってばかりだったが、問題と個人を分けて考えることで、人との関わりを変えることができそうです。(宇佐見博志さんFBより)
- | trackbacks (0)

第9期持続可能な社会づくりカレッジ、終了しました

鈴鹿コミュニティを会場にした教育プログラム、第9期の持続可能な社会づくりカレッジが、7月23日(日)で終了しました。
5月から3か月間、2泊3日で3回合宿して、共に暮らして学び、探究してきました。何でも話し合える、本心で安心していられる人間関係が、持続可能なコミュニティや社会づくりのベースになるということも見えてきたようです。

コミュニティづくりの核心とは?
第9期持続可能な社会づくりカレッジが、終了しました。最終日の今日は、この3ヶ月かけて学び、探究してきて、今の時点での自分にとってのコミュニティづくりの核心について、発表会がありました。それぞれの人がその人らしく、深い気づきや変化を表現していて、5月から共に進んできたことの大きさを感じます。
そして、今日は参加者のサウルさんの誕生日です。みんなでケーキでお祝いさせてもらいました。(北川さんのFacebookより)


参加者のレポートから
力が入っている状態で「これやりたい!!」と想うことは、実は不安や恐れを源とした楽でない生き方だと気付いた。本当にやりたいことは無意識にしていること、やるぞ~!でやっていることではなくて。だから、いつも自分は今何を感じているかな?どんな気持ちかな?本当はどうかな?と0から自分に問いかける大切さ、これは日々実践していこうと思う。


- | trackbacks (0)

神戸シェアハウス和楽居にて、アズワンミーティング

各地でアズワンミーティング始まってます
7月13日(木)は、神戸市垂水区のシェアハウス和楽居にて、アズワンミーティングが開かれました。
神戸市周辺など、この和楽居さんにつながる方たちが、15名くらいアズワンセミナーに参加しています。この日は、午後からの部にそのうちの8名が参加し、夜は6名が参加しました。
安心して何でも出し合えて、本心はどうなのだろうと探っていくアズワンミーティング。これから、もっと各地で開催されていきそうです。

昨日は、神戸の「シェアハウス和楽居」でアズワンミーティング。和楽居さんには、昨年秋以来2ヶ月に一度くらい来ています。
昼の部では、半数以上の方たちが5月のアズワンセミナーで一緒だったり、またカレッジ同期の人たちもいて、和気あいあいと探究していくミーティングとなりました。初めてという方たちも、戸惑いはありながら、安心して何でも出せる面白さを感じてもらえたかと思います。
こういうアズワンミーティングを、もっと各地で開催していきたいです。
(北川さんのFacebookより)

- | trackbacks (0)

おふくろさん弁当を例に「自分らしくいられる場作りを考える」ワーク開催②

おふくろさん弁当の会社を事例に「自分らしくいられる会社作りを考えてみる」ワーク開催@京都 mumokuteki 記事②





主役は参加者に

岸浪さんの講演が終了し、グループワークに入っていきます。
ここからは参加者が主役です。
会場のセットチェンジを進行の岩川さんが声をかけます。
「椅子70脚を片づけて、簡易畳を敷き詰めたいです」。
参加者が率先してとりかかり、あっと言うまにお座敷会場になりました。
(この動き方にも主体性が現われています)
グループ分けも、「できるだけ初めての方どうしでグループを作ってください」という声に、すーっと分かれていき、「こっちのグループ、女性がいてほしいでーす」なんて声も上がったりして、6・7人の輪が9つ出来ました。スムーズです。

- | trackbacks (0)
<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>