韓国で、「アズワンコミュニティ」についての本が出版

その本のタイトルは、『人の本性に適した社会』。
韓国江華島で活動を続ける柳相涌(ユ・サンヨン)さんにより、アズワンコミュニティや、その元になる「サイエンズ」という考え方を紹介するために、出版されました。

851.jpg

本の紹介が、相涌さんから送られて来ました。

=========

『人の本性に適した社会』
著者 : 柳相涌/ 杉江優滋
出版社 : ヒアナウシステム (ミネサクラブ出版部)
2012年 7月 15日発行

この本は、2001年から始まったアズワンコミュニティが、探求と実践を通じて成して来た新しい社会の実態と成立過程、その元の考え方などが書いてあります。

”新しい社会”というのはどんな社会でしょうか?
普通の人々が自分の本性を尋ねるのが日常になった社会
人の成長を一番中心に置く社会
人間の幸福の要素が明かされて実現する社会
・・・・
ここではそんな社会を ”人の本性に適した社会”と表現してみました。
この本は人の本性を定義付けるとか、 それにふさわしい社会はこんな社会だと規定するためではなく、それがどんなことなのかを探求し実現していく過程に関するものです。
アズワンコミュニティの実験も、もちろん完結版ではなく、創っていく途中の創作報告書と言えるでしょう。

韓国語の紹介文のPDFファイルがあります。

☆韓国からこの本が送られてきています。
この本を購入希望の方は、以下にメールを下さい。
PIESS NETWORK事務局 info@piess.net
販売価格:1000円
送料等:200円

=======

●本の内容としては、以下のような感じになっています。
「はじめに」で、相涌さんが自分の経歴を紹介し、何故韓国でこの本を出そうと思ったか、アズワンコミュニティや、サイエンズという考え方が、韓国でのコミュニティづくりにとって、どういう意味があるのか、これからの展望などが書かれています。

第一章は、サイエンズ研究所の杉江優滋さんの『やさしい社会(SCIENZ 1号から)』と『サイエンズについて(SCIENZ 0号から)』の二つの論文が韓国語に訳されて収録されています。

第二章では、第一章で書かれてある理論がどのように現実化しているかということで、鈴鹿でのアズワンコミュニティの実態紹介とその思想的背景が書かれています。
2010年8月にアズワンコミュニティ鈴鹿を訪れた社会運動研究家グループの一人、草の根自治研究所所長のイ・ホさんのレポートも収録されています。

この本の出版元の「ミネサクラブ」は、精神的な教育活動や社会活動を進めているそうで、有料会員が1000名以上いて、毎月月刊誌をもらいます。そのうち500人の専門会員には、年4回別冊として、出版された本がプレゼントされるそうです。今回はこの『人の本性に適した社会』がプレゼントされ、早速、読者の一人が8月の韓国でのマイライフセミナーに参加したいという反応があったそうです。

また、この本の出版をキッカケに、「ミネサクラブ」の代表の人を含め、5人~10人の人が、柳相涌さんを通訳に、8月21日~24日でアズワンコミュニティ鈴鹿を訪れる予定になっています。
- | trackbacks (0)

2011年 韓国情勢から振り返って

2011年、韓国情勢からPIESS活動を振り返ってみて。

    2月 YMCAと江華島の社会運動家一行が来鈴。
        柳相涌(ユ・サンヨン)さん「自分を見るためのコース」に参加。

    3月 小野氏、韓国で「アズワンコミュニティの試み」を講演
        (韓国レポートPart4)。
        アズワンコミュニティの高校生4人が、サンマウル高校に短期留学。
        (韓国サンマウル高校へ短期留学Ⅰ
        アズワンコミュニティ伊与田夫妻、韓国を訪問

    4月 2月にアズワンコミュニティを訪問した韓国メンバーが、
        江華島にて『SCIENZ』の勉強会をスタート。


    7月 韓国語「サイエンズ」にかんする本の出版準備が始まる。
        2月に来鈴したカン・ネオンさん、長期交流。
        学士論文に「アズワンコミュニティ」をテーマに取り上げる。


    11月 元鈴鹿市市会議員の杉本信之さんが、アズワンコミュニティ鈴鹿
         代表で韓国訪問。(PIESSの記事

これらは、韓国のPIESS活動家、柳相涌(ユ・サンヨン)さんが始まりのようです。
サンヨンさんは、2009年3月にアズワンコミュニティを訪問。
以後、新しいコミュニティ(社会)創りに向けて、サイエンズ研究所と交流、連絡を取りながら、本質的なところから考え、進んできてました。
また、自らもサイエンズスクールで、自分をしらべながら、人として育ち、
『人づくり』や、『サイエンズ』という考え方を押さえながらの活動へと進んできたようです。

来年1月には、サンマウル高校の学生や江華島のキムチ工場の方々も来鈴。
2月には、第2回マイライフセミナーも開催です。
また、『サイエンズ』に触れる人が、韓国で生まれてきます。(今後の予定

ひとりの人のPIESS活動は、どのような展開になっていくのでしょう?!
これまでの韓国情勢から、PIESSネットワーク活動というものを垣間見るようです。
PIESSネットワークとは・・・
本質的なことを探っていく
サイエンズ(Scienz)
という考え方を元に、
それぞれが自由に、
持ち味を活かしながら活動する人達のネットワークです。

(中野敏美)
- | trackbacks (0)

韓国情勢 NOW その3

韓国情勢 NOWの最後は、今後の予定とアズワンコミュニティ来訪者の紹介です。

2012年1月19日~23日
韓国江華島のキムチ工場のグループ(今年2月に来た江華島のユン牧師さんが経営)がアズワンコミュニティを訪問します。

ユン牧師は、8月に韓国で開催された第一回マイライフセミナーに参加しました。
(第1回マイライフセミナーの様子は、ここをクリック)
今回は、ユン牧師の奥さんと、キムチ工場で働く女性二名と、その女性の夫一人です。
その通訳として、ユン牧師の娘さん、スンミンがやってきます。
彼女は、昨年1月に、アズワンコミュニティに2週間滞在した江華島女子大生グループの一人でもあります。(その時の様子は、ここをクリック)

また、ジャンス(地域の人文学学校)のメンバーもアズワンコミュニティを訪れたいと、ただ今日程調整中です。
ジャンスは、今年3月、アズワンコミュニティの小野氏を講演会講師に呼んでくれたグループです。(その時の様子はここをクリック)
ジャンスの事務局、ユ・ギマンさんは、8月のセミナーを受けています。

韓国の田舎の山の中腹の村で味噌造りをしているイ・ナンゴクさんや、息子のイ・スンヒョブ君なども、アズワンコミュニティに是非行ってみたいということで、実現へ向けて動いています。(ナンゴクさんとスンヒョブ君、詳しくはこちらをクリック)

最後に、韓国での第2回マイライフセミナーも、2月5日(日)から開催されることが決まりました。
サイエンズという考え方に触れる人が、韓国でさらに生まれてくることになりそうですね。
韓国情勢、今後もとても楽しみです。

【関連記事】今年春の韓国情勢については、ここをクリックしてください。
- | trackbacks (0)

韓国情勢 NOW その2

韓国情勢NOW、今回は、韓国江華島にある全寮制のフリースクール、サンマウル高校の人たちの動きをお知らせします。

韓国でPIESSネットワーク活動をしている柳相涌(ユ・サンヨン)さんの奥さん(ゆきさん)が、この高校の日本語の先生をしていて、アズワンコミュニティとの繋がりは、そこから生まれてきました。(サンヨンさんについてはここをクリック)

【これまでの経緯】
2010年12月 初めて、サンマウル高校の校長先生、職員、親代表、学生代表がアズワンコミュニティを訪問(詳しくは、ここをクリック)
2011年3月 アズワンコミュニティの高校生4人がサンマウル高校へ短期留学(詳しくは、ここをクリック)
2011年5月 サンマウル高校職員の方がアズワンコミュニティを訪問(詳しくは、ここをクリック)
2011年8月 春に行ったアズワンコミュニティの高校生の一人が再度短期留学
2011年4月~ 今年2月にアズワンコミュニティを訪れたカン・ヨンホさんが、相涌さんの紹介で、4月からサンマウル高校の寮の先生になっています。

このように、サンマウル高校とアズワンコミュニティの繋がりはだんだんと深くなってきました。

【これからの動き】
2012年1月6日~14日
サンマウル高校の5人の高校生と2人の先生(校長先生とカンさん)が、アズワンコミュニティに滞在して、コミュニティの暮らしを体験します。高校生達は、ゆきさんの日本語クラスの学生達です。
ゲストハウスを拠点に、アズワンカンパニーの職場や鈴鹿カルチャーステーション(SCS)や、アズワンコミュニティの人達や若者達に触れることで、新しい社会の営みを感じ取ってもらえるのではないかと思います。

またその際に、サンマウル高校とアズワンコミュニティの間で、継続的な交流を図っていくため、国際文化交流協定書を締結する予定になっています。

サンマウル高校の人たちとアズワンコミュニティの繋がりは、益々深まっていきそうです。

引き続き、韓国情勢その3で、韓国からの今後の訪問予定をお知らせします。
- | trackbacks (0)

韓国情勢 NOW その1

久しぶりに、韓国情勢をお知らせします。

今年8月、韓国で初めて、サイエンズスクールの研修コース、「マイライフセミナー」と「自分を知るためのコース」を開催しました。
SCIENZに触れ、誰もが豊かに安心して暮らせる社会を創ろうと、その後も活動は展開しています。

【韓国からツアーのご招待】
鈴鹿市の元市議会議員の杉本信之さんが、11月9日~14日で韓国へ交流に行ってきました。
9~11日は、江華島&ソウルツアー
韓国でPIESSネットワーク活動をしている柳相涌(ユ・サンヨン)さん(ユ・サンヨン)さんのペンションに宿泊し、江華島の色々な人達と交流しました。
(サンヨンさんについてはここをクリック)
アズワンコミュニティ鈴鹿を訪れたことのある、ユン牧師、ソ牧師や、イ・ナリちゃん(昨年1月にアズワンコミュニティに来た女子青年)のお母さん等とも出会えたそうです。
また、サンマウル高校も訪問してきました。

12日~14日、全羅北道スター村ツアー
8月に博士課程の卒業論文のために約1週間アズワンコミュニティに滞在したカン・ネヨンさんが招待してくれました。
このツアーは、対象が、日本のスター村リーダーやオピニオンリ―ダ―ということで、交通費や案内・宿泊・食事すべて無料で案内してくれるというものです。
「アズワンコミュニティから是非1名参加して下さい」とお誘いを受けて、杉本さんがアズワンコミュニティの代表として参加しました。
ツアーの目標は、「全羅北道スター村と日本の地域が自発的な交流を促進する」ということだったそうです。
「人が花より美しい」ということで、村興しの成功例として韓国では有名な任実チーズ村など、数カ所の地域を訪問して、交流して来ました。通訳は、カン・ネヨンさんが担当。
詳しいレポートは、後日杉本さんがしてくれる予定です。
- | trackbacks (0)

韓国マイライフセミナー 『参加者の声』

韓国で初開催となった「マイライフセミナー」の感想文が、サイエンズスクール鈴鹿のホームページに紹介されています。
読んでみると、『しらべる』ということを、みなさん体験したように感じます。

『しらべる』、どこまでもわかったとならないで、しらべ続ける。
これが、「サイエンズ」に触れるということでしょうか?!

以下は、その一部抜粋です。
大人になり、頭が固まっていくことを感じていたが、この感じは単純に学習能力が減っていくことではない、自ら決めつけてしまう世界観のせいだと思った。(30代男性)
夜ごとに読んだ"やさしい社会"についての文章で・・・、
自分のなかで二つの心が戦った。"これは純粋すぎるよ、これは実際には不可能だ。"という考えと、"よく考えたら私にもこういう(家族のような)関係の人が数人いるし、本当に実現可能な社会だろう"という考えだ。(30代男性)
セミナーを通してしらべるという方法に接しました。
・・・、ほかの参加者の考えを通して豊かに学び、いろいろな側面から見てみるようになりました。(40代男性)

「続きを表示する」をクリックください。
 ↓ ↓
- | trackbacks (0)

マイライフセミナーin韓国

韓国で初めて、開かれたマイライフセミナーは、早くも次回開催の声が上がるほどの、中身の濃いものだったようです。

サイエンズスクールホームページをご覧ください。
          ここ↓クリック
サイエンズスクール事務局Blog
- | trackbacks (0)

韓国マイライフセミナー開催中

「マイライフセミナー in韓国」 8月28日~9月2日で開催中
サイエンズスクールのコースがスタートすることで、サイエンズという考え方に触れる人が生まれ、
韓国での活動も新たなステージに!
韓国マイライフセミナー③

今回は、男性3人・女性1人の、計4人が参加。
通訳に柳相涌(ユ・サンヨン)さんと奥さんのユキさん、
スタッフは佐藤靖仁さんと小野みゆきさんで開催しています。

開催場所は、サンヨンさんのペンション「ウリコッチャリ」(ホームページは、こちら)です。
以下、現在やってての感想です。
みなさん熱心な方ばかり、時間も忘れて熱く、熱ーく検討しています。

通訳が入ってのセミナーは初めてで、言葉の面などもいろいろあるけど、今後の重要な一歩になると思いまーす。


【関連記事】
サイエンズスクールのブログは、こちらをクリックください。
ユ・サンヨンさんについては、ここをクリックください。
韓国情報については、ここをクリックください。

以下、開催中の写真です。続きをクリックしてください。
- | trackbacks (0)

韓国最新情報

アズワンコミュニティと韓国の交流もどんどん盛んになってきました。
アズワンコミュニティの基本にサイエンズスクールを通しての人づくりということがあるということに興味が出てきている人も多く、是非サイエンズスクールの内容に触れてみたいとの声が高まってきました。

この夏、様々な動きがありそうです。

詳しくは(↓)をクリックしてください。
- | trackbacks (0)

韓国レポート Part4 小野雅司

3月26日(四日目)~27日帰国

校舎の横にある建物(下の写真)で寝ました。オンドルがあって暖かった。

四日目1.jpg
- | trackbacks (0)
<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>