PIESSニュース 36

ここ鈴鹿では桜の花がそろそろ満開です。
入学や入社など、新たに始まるこの季節、皆さんいかがお過ごしですか?
今月もホットなPIESSニュースをお届けします。

★マイライフセミナー、韓国、日本で開催★
3月20日~25日に開催された日本でのセミナーは、
韓国、ドイツ、ブラジルの人も参加して、国際的なセミナーでした。
韓国では、4回目のマイライフセミナーが開催されました。
アズワンコミュニティを参観に来た人達が、『この元に何があるんだろう?』と
もっと知りたくなって参加するそうです。
セミナーで、自由闊達に調べ、
自分たちが描く理想のコミュニティ実現へと続いていくようです。
「心も頭も自由闊達に~韓国「マイライフセミナー」」

★やさしい社会の職場★
「人生、楽しくおもしろく」、楽しい我が家の職場、「おふくろさん弁当」。
春になりイベント等の特別弁当の注文がひっきりなしです!
お弁当も人も大繁盛。
「ボケてもできるお弁当やさん♪」

★自分を振り返ってみると、新発見★
日々暮らしていると、やることが先行しがち。そんな時、ふと
「自分は何をしたかったんだっけ?!」と思うことありませんか?
振り返って自分を調べてみると、新発見することもあるようです。
そんな暮らしの一コマを紹介します。
「知性の発揮に向けて---日常化レッスンより」

★やさしい空気を吸って★
アズワンコミュニティの空気を吸っていると、なんだか心地いい!
初めて出会ったあなたと私、
でも随分前から知り合っていたように感じるのは、なぜ?
人と人って、不思議でおもしろい。
「ふだん着で探訪DAY」や、コミュニティ体験にこられた方々は、
ここで過ごすうちに、心地よくなり、素直に、親しくなっていくようです。
やさしい社会が、人をやさしくしていくのでようか?!

ふだん着で探訪DAYに来られた方の感想をどうぞ。
「内なる自分に、いかに素直になれるのか・・・」
「人と人って、不思議で、おもしろい!」

★韓国サンマウル高校 8日間の体験交流感想文★
2月に韓国サンマウル高校から8日間の体験交流にやってきた4人の学生。
その中の二人が感想を寄せてくれました。
18歳の若い二人の感性に、心響くものがあります。
「ゆっくり行こう ♪♪♪」
「ずっとここで暮らしていたい・・・」

★長期体験交流中のウリさんの日記★
6ヶ月間の長期コミュニティ体験に来ているブラジル在住のドイツ人、ウリさん。
おふくろさん弁当などで、「言葉は通じずとも人と通じる」そんな体験をしているようです。
また、3月20日~25日のマイライフセミナーにも参加しました。
その様子や感想が、「ウリさんの日記」で紹介されています。
「ウリさんの日記 --- その1」
「ウリさんの日記 --- その2」
「ウリさんの日記 --- その3」
「ウリさんの日記 --- その4」
*********** 『やさしい社会』の入口コーナー ***********
☆マイライフミーティング
 4月13日(土)19:00~ 14日(日)
 4月18日(木) 9:00~
 「何気ない日常を振り返ってみませんか・・・」

☆ふだん着で探訪DAY:「アズワンコミュニティを訪ねてみませんか・・・」
http://as-one.main.jp/ac/visit.html
4月6日(土)~7日(日)
4月20日(土)~21日(日)

☆マイライフセミナー:「やさしい社会への扉」
http://www.scienz-school.jp/sb/sb.cgi?eid=290
5月1日(水)~6日(月)
7月13日(土)~7月18(木)
**********************************************

*ご意見、ご感想、配信停止は、下記メールアドレスまで
=========================================
PIESSネットワーク事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28 SCS内
E-mail news@piess.net
URL   http://as-one.main.jp/
=========================================
メルマガ | - | trackbacks (0)

心も頭も自由闊達に~韓国「マイライフセミナー」~

2/26~3/3 韓国「マイライフセミナー」が開催されました。
韓国での開催は今回で4回目となります。
韓国マイライフセミナー

社会的環境のせいか、
韓国では若い人でも社会への関心が高いと感じることが多く、
今回の参加者もほとんどが20代~30代の、
人と社会に対する意識の高い人ばかりでした。

すでに何人かで共同体のような試みを始めている仲間同士で参加したり、
社会的事業を運営している人もいて、
実際的に人や社会のことを実現する方法を求めていました。

意識が高いだけに、そして現状の教育方式では、
セミナーというとテーマに対する「答え」があるはずで、
それを得ようという熱もあります。
最初に、マイライフセミナーでは、「自分の頭で探究する」
という説明を受けてもなかなかじっくりといかず、
焦ったり、又そうすることが空虚に思えたりもすることもあります。

しかし、中盤からは、何でも言える、言っても言わなくてもいい、
“フラット”な気風の中で、自分の持つ知性のようなものが発揮されはじめ、
少しずつ自分の頭を使って探っていけるようになり、
自分や人を苦しめるような固定観念が、
自分の中にあることに気付き、気付くと軽くなっていくようです。

心も頭も自由闊達に、のびのびとその人らしさ、
又人に対するやさしい気持ちも発揮されて、
最後は相乗効果か、心地よい空気がみなぎって来るようでした。

このセミナーで体験したものを一時的なものに終わらせることなく、
育てて大きくなっていくには・・・

サイエンズスクールの次のコース、
「自分を知るためのコース」などへの参加希望もあり、
韓国での他のコース開催への声も上がっています。

------------以上、サイエンズスクールのHPより
サイエンズ | - | trackbacks (0)

サイエンズスクールはどんなところ?

「サイエンズスクールはどんなところ?」

スクール先日、サイエンズスクール事務局を訪れた学生さんとの
やり取りから紹介したいと思います。
(サイエンズスクールのFB(フェイスブック)から抜粋)
-------------------------------------------- 

先日、大学院で研究生活をしている学生さんが
サイエンズスクール事務局を訪ねて来た。
人は生きているかぎり、さまざまな人や事象と関わりながら暮らしていくのですが、サイエンズスクールでは、それにかかわる自分がどんな状態でかかわっているのかを、日常からちょっと離れて、自己観察したり、検討する機会なんです。
研究するというときも、対象について検討していくのですが、同時に対象に向き合っている自分がどんな状態かをみてみる機会というのでしょうか・・・
と案内した。

学生さん、
「そうなんですよ。
ここ1年、研究課題と自分の人生がどうかかわっているか、
そこを考え続けてきたんです。」

そして、マイライフセミナーや自分を知るためのコースなどを紹介した。

「ぜひ、参加してみたいし、そんな機会があるのがうれしい」
という反応だった。

「周りにも、そこを悩んでいる友だちや仲間がいるんです。
そういうことをありのまま話し合えたら、
すぐどうにかなるというより、今が楽しくなりそうですね」

彼は、2泊3日、アズワンコミュニティに滞在して、たくさんの人と触れた。
家族のような気持ちがわいてきた、という感想でした。

マイライフセミナーは、7月の開催を描いていました。
--------------------------------------------
サイエンズスクールは、自分のこと、人生のこと、社会のことなど、
調べたい人が調べたいときに、誰でもが活用できるNPOです。
サイエンズスクールのホームページは、http://www.scienz-school.jp/です。

関連記事:アズワンコミュニティのHP 「内なる自分に、いかに素直になれるのか・・・」
サイエンズ | - | trackbacks (0)