PIESSニュース 38

こんにちは、毎月、「やさしい社会」づくりの試みを紹介しているPIESSニュースです。
誰もが家族のように親しく安心して暮らせる「やさしい社会」をつくっていこうとする人達の
繋がりをPIESS NETWORKと呼んでおり、NETWORKの拡がりと共に、
読者も増えてきました。このメルマガも第2ステージを迎えています。
では、今月の様子をどうぞご覧ください。


★東京で、ミーティング、ワークショップ始まる★
PIESS NETWORKは日本各地へと広がりを見せ、関東方面で動きが活発になって
きました。点在していた人たちがつながり始め、ミーティングやワークショップを開催。
人が寄り、「話し合う」ことに、ワクワクする! そんな感じでしょうか。

「東京で、ミーティング、ワークショップ始まる」


★「マイライフセミナー」GW開催★
今回は、アズワンコミュニティに触れた方々が、マイライフセミナーに参加。
日常からちょっと離れ、安心と自由の中で過ごす5泊6日は、
人と人の間には計り知れないエネルギーが行き交い、
知性が溢れ出し、今まで覆われて見えなかったものが見えてくる。
そして、新たな驚きと感動が生まれてくるようです。

「目に見えない人の力」
「一人一人がその人らしく」
「感じたままを話せる場で・・・何が起こる?」 

参加者の感想は、以下をどうぞ。
「GWマイライフセミナー 参加者の感想」


★世界各地からアズワンコミュニティに滞在★
韓国から、ソリちゃんに続き、ヒジンちゃんが再来。今回は、3ヶ月のコミュニティ体験です
ここは、ありのままの自分でいれて、ゆっくりと考えていける、そんなふうに感じるようです。
ブラジルからも女性2名と20代男性1名が長期滞在中。
ここで、お金の要らない暮らしを体験しながら、ここに暮らす人たちと交流しながら、
またサイエンズスクールの各コースに参加し、じっくり考える機会を持ちながら、それぞれのこれからに向けて歩んでいます。
また、ドイツからは、エクハルト・ハーン氏(ドイツ・ドルトムント大学空間設計研究所所長)がアズワンコミュニティを探訪しました。

「これからに向けて・・・、コミュニティ体験始まる」
「ウリさんの日記 --- その8」
「ドイツよりハーン氏 アズワンコミュニティを再訪」


★祝6周年 おふくろさん弁当★
やさしい社会式の会社運営を試みて6年が経ちました。
食材が活かされ、食べる人が喜び、なによりそこにいる人たちが輝き生きる会社運営。
そんな試みの中でできた、6周年スペシャル弁当です。

「祝6周年 おふくろさん弁当」


*********** 『やさしい社会』の入口コーナー *********
☆マイライフミーティング 「何気ない日常を振り返ってみませんか・・・」
6月8日(土)19:00~ 9日(日) 

ふだん着で探訪DAY;「アズワンコミュニティを訪ねてみませんか・・・」
6月1日(土)~2日(日) 6月15日(土)~16日(日)

マイライフセミナー;「やさしい社会への扉」
7月13日(土)~7月18(木) 8月10日(土)~15日(木)
*****************************************************
メルマガ | - | trackbacks (0)

東京で、ミーティング、ワークショップ始まる

【PIESS NETWORK東京 定例ミーティング】
東京都文京区の御茶ノ水女子大学のすぐ傍、大塚地域交流会館にて、
PIESS NETWORK 東京(P.N.T)、マイライフミーティング(定例会)
が開催されました。

東京メンバー7人に鈴鹿から江口公子さん、仙台から森山さんも合流。
9時から昼食を挟んで午後3時まで、
それぞれの最近の様子や自分を振り返ってみて・・・
を出し合いました。

PN東京ミーティング

日頃の暮らしの中で、自分は何を元に行動しているのだろ?

抑えたり、引いたり、我慢したりするのでなく、
それぞれの意思が尊重されるとは???

実際はどうだったんだろう?

などなど調べる材料は尽きません。

互いにもっと知り合っていく場でもあるけど
何でも安心して話し合える場と気風がここに始まっています。
次回は、6月16日(日) 9:00~15:00


【やさしい社会づくりワークショップ】

ピースネットワークミーティング終了後、
午後4時から「やさしい社会づくりワークショップ」が始まりました。
参加者15名位。

ワークショップ
途中で予定で抜ける方もありましたが、
終了予定時間も越えて、7時まで話し合いました。
林悦子さん、佐藤ふみみさん、加地さな子さんの繋がりもありますが
各地で色々な活動をしながら次の展開を描いている方や、
人との付き合い方のテクニックを得たい人、
瞑想している人、
大学の研究者の方なども参加されていました。

参加者の一人が言っていましたが、
この場に集まったメンバーの顔ぶれを見るだけでも何を話し合うのか
ワクワクするそうです。
確かに短い時間で検討とまではいかなくとも、
自己紹介でそれぞれの今やっていること、思っていることなどを
出し合うだけでも新たな展開のキッカケの予感がします。

昨日は「仲が良い、って?どんなふうに思ってる?」を一人ひとり出し合って、
資料として「やさしい社会1」を使い、
アズワンコミュニティ鈴鹿の紹介も行なわれました。

次回は、6月16日午後4時から「人を聴く」を資料にして開かれます。
各地の情報 | - | trackbacks (0)

ゴールデンウィークマイライフセミナー 参加者の感想

自分ゴールデンウィーク『マイライフセミナー』に参加した
方々の感想をサイエンズスクールのHPより紹介します。

  初めて触れたような新鮮な感覚・・・
  
  その感じたことの“一端”を言葉にしてくれた、
  心の声に耳を傾けてみてください。

「自己イメージ」に近い自分に勝手に自分からなろうとしていたなんて、なんてくだらないことを何十年も続けていたのだろうと思い至り、わずかな事ですが、自分の中に新しい可能性と、「どんな自分にでもなれる」という(いつでも)、或いは、「どんな自分になってもよい」という安心のようなものが生まれました。(30代 男性)
検討会といいつつ結論を出さないし、誘導もほとんど行わないのも、話には聞いていたけど、めずらしい体験でした。じっくり考えることと、検討していく過程が大切で、それ自体が成果と思っていたのですが、思っていた以上に新たな気付きや内面の動きがあり、自分自身おどろくことが多かったです。
(40代 男性)
「飽きたーー!」という自分はダメな自分と見る。そんなことはないんだ、そこから認めていきたい。ゆっくり時間をかけて、焼いていくようにゆっくり自分のペースで皮をむいて本心に近づいていく感じがいい。(50代 男性)
「家族のような間柄」。私は家族というと、あまり気持ちの良いものではない感触が湧いてきてしんどくなる。けれど、それは内観をする中で、ほんの少しずつだけど温かいような温度のあるような情景も思い出してきている。子供のころ感じていたであろう温もりは、それを覚えていると、それを求めると、今の大人社会では生きていけないような、生きづらいような気がする。
(30代 女性)

全文は「各コース参加者レポート」>「マイライフセミナー」に掲載しています。
            心の扉(←イラストをクリックしてください。)
サイエンズ | - | trackbacks (0)

目に見えない人の力 --- マイライフセミナーから

5月1日~6日、ゴールデンウィーク『マイライフセミナー』が開催されました。

参加者似顔絵

参加者は様々ですが、アズワンコミュニティに触れたことのある面々。
昨年のゴールデンウィークにふだん着で探訪DAYに参加し、
今回まとまった休みを取り、一年越しの参加となった男性。

若い頃から、心の安定を求め、自分らしく生きていけないかと
ずっと模索してきて、ホームページでアズワンコミュニティを知り、
4月末に探訪DAYに参加した男性。

昨年のゴールデンウィークセミナーに参加し、
その後もアズワンコミュニティやサイエンズスクールに
関わりながら過ごし、今回2度目の参加となる女性。

ブラジルから交流に来ているスイス人の女性、
そして普段アズワンコミュニティに暮らす男性などなどでした。

トースター効果マイライフセミナー、この5泊6日、
日常からちょっと離れ、共に過ごす中、
何が起こっているのでしょうか?!

ただ単に、考える、理解が深まるだけでない
何かが作用している。

目には見えないけれど、
普段は思いもよらないけど・・・、

人と人の間に起こるエネルギーは、
計り知れないものがあるようです。

そこにいる人は、
それぞれではあるけれど、
それぞれだけではない。

その中で熟成され、熟成され・・・、
ある時、目に見えてくるときがある。
参加者の一人は、それを「トースター効果」と表現していました。
参加してきました。今日終わった。
大変疲れた。本当に参加者の一人になって、日常から離れ、
パソコンも携帯も持たずに、家ともコンタクトせず、
酒も置いて、6日間みんなと考えた。

考えた以上のものがあった。
考えたテーマでは語れない経験をした。
きっと、それがマイライセミナーというものかもしれない。
パンフレットに書かれた言葉ではともて表現できないもの。
それ以外の予想も出来ない効果、そういうものを久しぶりに味わった。

親しさ、人、
最終日に触れたコミュニティとの懇談、

終盤に来て、温められたものが次第に表面に現れだした。
僕はこれをトースター効果と呼ぼう。
パンを焼くのに、3分ほどかかるけど、2分半は、表面は白いままだ。
しかし残りの30秒で、表面は薄らと色が付き始め、
見る見る、きつね色からタヌキ色へと焦げていく。

自分自身に、そのトースター効果を見た。

他の参加者との関係は、終盤まで、僕の中では、白いままだった。
しかし、何かに触れ、心の襞を一枚、また一枚と剥いていくと
もっと親しい間柄が見えてきた気がした。

「親しさ」こんな言葉一つとっても、
自分のイメージや捉え方が少し違ってきたように思う。

それは頭で考える言葉の意味ではなく、
自分と人の間にある「親しさ」の実際が。


マイライフセミナーは、
『人』、『人と人』の目に見えない力が醸し出されているようです。


詳しくは、NPO法人サイエンズスクールのホームページをご覧ください。

   ↓  ↓  ↓

「一人一人がその人らしく」
マイライフセミナー
サイエンズ | - | trackbacks (0)