PIESSニュース 72

2016年のスタート、1月、みなさんはどのように過ごされましたか?
今年も、争いのない幸せな世界に向けて、心ある人達と手をつなぎ合って、
共に進んでいきたいと思っています。本年もよろしくお願いします。
では、2016年最初のPIESS NETWORKニュースをどうぞ!

●家族がいてもいなくても、支え合える仕組み
毎日新聞が、正月の特集企画として、単身世帯が増え続けるという現実を出発点
に、「家族2016 孤をいきる」という連載を組みました。
その最終回に新しい家族のカタチとして、アズワンコミュニティの実践を「大き
な家族」という視点で採り上げてくれました。

毎日新聞「家族2016:孤をいきる」に掲載されました。


●九州から新しい風が吹く
昨年末12月20~21日、「新しい未来の社会を開くフォーラム」が北九州で開催さ
れました。このフォーラムは、チェンジザドリーム・トランジションタウン・非
暴力コミュニケーション(NVC)・アズワンコミュニティ、更にアナスタシアも
コラボしての全国で初めてのイベントでした。多くの同じ志のものが融合して、
大きなうねりへと成長してゆくキッカケになったようです。
また、「社員が幸せになる会社」を目指している北九州の自然食店「えこわいず
村」は、昨年からおふくろさん弁当と姉妹店として交流しています。その店長さ
んがサイエンズスクールのコースに参加するのに、おふくろさん弁当のさっきー
が応援に九州へ派遣され、楽しい豊かな繋がりが新たに生まれたようです。

国境を越えて人類はひとつになる~北九州フォーラムから

おふくろさん弁当、さっきーの九州交流日記


●アズワンスタイルを学ぶ
上下や束縛のない、一つの家族のような、心豊かな暮らしを営むアズワンコミュ
ニティ。そんなアズワンスタイルでの暮らしや生き方を学びに1ヶ月~2年間の
「サイエンズ留学」に来ている人達がいます。
京大大学院などで心理学を学び、京都で「生きる」ということを探求している米
田量さんや、「新しい未来の社会を開くフォーラム」を主催し、FMKITAQなどで
活躍する福岡の吉岡和弘さんもその一人です。それぞれのレポートを紹介します。
また、韓国からもフリースクールを中心にしたコミュニティづくりとして有名な
ソンミサンマウルからもアズワンコミュニティの成り立ちを学びに来ました。

留学生のアズワンコミュニティレポート(米田さん)

「心のエネルギーを循環させていく会社」(米田さん)

「地球のめぐみ通信」に掲載される(吉岡さん)

ただ今、韓国ソンミサンマウル一行が来訪中~


●持続可能な社会は持続可能な人間関係から
JSSC運営委員会が、アズワンコミュニティを舞台に開催する「持続可能な社会づ
くりカレッジ」(3回シリーズ)も、第5期を迎えました。北海道、東京、長野、
静岡など全国から集まった人達が、安心した空気の中、それぞれの心を開きなが
ら、人と人との親しい関係性について調べ合っているようです。

第5期「持続可能な社会づくりカレッジ」始まる

第5期「持続可能な社会づくりカレッジ」1回目の感想


●人間を知ることで、人として成長
最近、全国からサイエンズスクールへの参加者が増えています。コミュニティに
住む人達もスクールへ参加したい人が続々です。参加した人の成長、輝きぶりが
伝播しているからなのでしょうか・・・?
本来の姿を知ることを通して、心が成長していくようです。

「知る」 ~人として生きる営み~

*********** 『やさしい社会』の入口コーナー **********
☆マイライフミーティング 「何気ない日常を振り返ってみませんか…」
in鈴鹿 2月 6日(土)19:00~ 7日(日)
in東京 2月14日(日)

探訪DAY;「アズワンコミュニティを訪ねてみませんか…」
2月 6日(土)~ 7日(日)
2月20日(土)~21日(日)

マイライフセミナー;「自分をひも解くやさしい時間」
2月11日(木)~2月16日(火)
3月19日(土)~3月24日(木)
※4月以降、マイライフセミナーの費用が改訂されます。
詳しくはHPをご覧ください。
****************************************************


*配信停止やアドレスの変更は以下のページから出来ます。
http://as-one.main.jp/HP/mm_form.html


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
=========================================
PIESSネットワーク事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28 SCS内
E-mail news@piess.net
URL   http://as-one.main.jp/
=========================================
メルマガ | - | trackbacks (0)

ただ今、韓国ソンミサンマウル一行が来訪中~

韓国のソンミサンマウルから学校の先生4人、学生4人(18歳)、村の運営をしている人の合計9人が来訪。1月25日~30日までアズワンコミュニティを探訪です。


(街のはたけ公園にて)

ソンミサンコミュニティというのは、首都ソウルにある小高い丘に、学校や生協などさまざまな暮らしを試みている共同体(コミュニティ)です。(詳しくは、⇒ こちら
ここは、韓国内だけでなく、日本からも視察に訪れる共同体です。
2013年にアズワンに滞在したことのあるヒジンさんも、この学校で学んでいました。今回は、昨年2月、アズワンを来訪したフンミさんの声かけで実現しました。
鈴鹿コミュニティ | - | trackbacks (0)

「心のエネルギーを循環させていく会社」

ただ今サイエンズ留学中の米田量さん。ここに暮らす人にインタビューも試みています。今回は、おふくろさん弁当の岸浪さんのお話を聞いてのレポートを紹介します。(米田さんのfacebooKより抜粋)

[アズワン・コミュニティ]
・・・・・・・
安心、安全、信頼、尊厳が保証されるところで、人は徐々にそれまで身につけていたものを手放していく。それは、人が人として扱われるところ、大切にされるところと言い換えることもできるだろう。

アズワン・コミュニティにある「人を大切にするため」の会社、「おふくろさん弁当」の岸浪龍さんにお話しをきいた。
・・・・・・・

irasuto
鈴鹿コミュニティ | - | trackbacks (0)

「責任」って? 「親しさ」って?

1月22日~24日に開催された第5期「持続可能な社会づくりカレッジ」1回目の参加者感想を紹介します。

日頃ごく当たり前に使っている言葉、「責任」、「親しさ」、「怒り」などなど…、
でも、それってどういう事を言ってるのだろう???
あらためて、そんなテーマをみんなの中で探っていくと・・・!?
持続可能な人間関係へ、人と人の中で織りなすカレッジの始まりです。

   ↓ ↓ ↓
「第5期1回目の感想」(2016/1/22-24)


以下は、感想より一部抜粋します。
コミュニティ活動 | - | trackbacks (0)

第5期「持続可能な社会づくりカレッジ」始まる

1月22日(金)から、第5期「持続可能な社会づくりカレッジ」がスタートしました。
今回は、北海道、東京、長野、浜松、三重から7人が参加。2泊3日の3回シリーズの学びの機会、いろんな角度から探っていくプログラムが用意されています。

初日は、スタディツアーという事で、コミュニティの各所を参観しました。(街のはたけ公園、コミュニティーオフィス・スペースJOY、おふくろさん弁当へ)



(街のはたけ公園の参観)


(おふくろさん弁当の参観)


(左:スペースJOYの参観  右:ミーティング)

以下、第4期参加者の感想を一部抜粋し、紹介します。
コミュニティ活動 | - | trackbacks (0)

「知る」 ~人として生きる営み~

今日は、昨年11月の「人生を知るためのコース」に参加した30代女性の感想です。おふくろさん弁当で仕事しながら、子育てに奮闘中のお母さんです。
朝起きて、お母さんだったら、家族の朝ごはんやお弁当をつくり、子どもを学校に送り出す。それから、仕事に行ってと、日々の暮らしの営みが、人生でしょうか?
どんな生き方がしたい?どんなライフスタイルを望んでいる?のかと、自分でもいろいろ情報を得て、探したりしますが、「自分は、本当は、なんのために生まれてきたのだろう?」「本当は、なにがしたくて生きているのだろう?」と、ホントウに、知りたいことは、もっと、なにか、あるように思うのです。
「人生を知るためのコース」(2015年11月)に参加した感想レポートを紹介します。
サイエンズ | - | trackbacks (0)

ピースネットワーク東京1月ミーティング

羽根木の家2
今月というか今年から会場にTT世田谷の拠点で水城さんの自宅でもある羽根木の家を使わせてもらっています。
水城さんのNVC(共感的コミュニケーション)活動の繋がりで初めての方や若い人達も多く参加されました。
それぞれの都合で入れ替り立ち替りになることもありましたが
NVCに関心を持つ人は同質のものをサイエンズ、アズワンコミュニティーにも感じているように思いました。これからの展開が楽しみです。
今はゆる~~く午前の部と午後の部に分けていますがゆくゆくは午前の部ではスクール参加者でサイエンズ研究会。
午後は初めての人や関心のある方向けに時間を使えないかなと思っていますがこれから検討しながら徐々に進めていきましょう。       ながの  
各地の情報 | - | trackbacks (0)

おふくろさん弁当、さっきーの九州交流日記

おふくろさん弁当のスタッフ、さっきーが、北九州にある自然食品のお店 「えこわいず村」へ交流に行きました。エコワイズ村も、「社員が幸せになる会社」を目指しています。昨年秋には、アズワンコミュニティに社員研修にもやってきて、姉妹店として交流が始まりました。



今回のきっかけは、昨年暮れに開催された北九州フォーラムに参加した際、おふくろさん弁当社長係りの岸浪龍さんがえこわいず村に立ち寄った時に交わした会話からです。
「店長がサイエンズスクールの研修コース(一週間)に参加したいと思っているけど、シフトが厳しい…」

「それならおふくろさん弁当から社員を派遣しますよ」
この一言で、問題解決!、今回の交流となったそうです。

では、その交流に派遣された、さっきーの滞在日記をどうぞ!
各地の情報 | - | trackbacks (0)

「地球のめぐみ通信」に掲載される

環境啓発団体「地球のめぐみ」が刊行する「地球のめぐみ通信」1月号に、吉岡さん(北九州在住)の「アズワンコミュニティ50日間留学日記」が掲載されました。

メディア情報 | - | trackbacks (0)

毎日新聞「家族2016:孤をいきる」に掲載されました。

1月8日(金)の毎日新聞朝刊、くらしナビ面で、「家族2016:孤をいきる」の第六回に、アズワンコミュニティが「助け合う市民団体」として採り上げられました。



ウェブ毎日新聞はこちらをクリック ↓↓↓
http://mainichi.jp/articles/20160108/ddm/013/040/009000c

また、「取材後記 担当記者が振り返る」の中でも、担当の鈴木記者がアズワンコミュニティについて言及してくれています。 ↓↓↓
http://mainichi.jp/articles/20160108/k00/00m/040/087000c
メディア情報 | - | trackbacks (0)