PIESSニュース 50

こんにちは、3月のPIESSニュースをお届けします。
春一番と共に、青年達の初々しい風が吹いてきました。韓国からセリさん(31歳)、
ブラジルからマテウス君(21歳)がアズワンコミュニティをもっと知りたいと来鈴。
サイエンズスクールの各種コースに参加しながら、約3カ月間滞在しています。
日本の高校生二人も韓国サンマウル高校へ短期留学。
たくさんのアズワンコミュニティに関わったことのある人達に
心からあたたかく迎えられ、溢れんばかりの思い出いっぱいで帰国。
やさしい風がNETWORKを深く広くしているようです。
また、韓国で「人の本性に適した社会研究所」が設立され、
ネットカフェも開設されました。

「実際に見て、触れてみようー!」
「生き方を模索する青年の初々しい風が吹く」
「溢れんばかりの思い出がいっぱい!」
「韓国で、新たに「研究所」がスタート」


★トランジション・タウン鈴鹿★
昨年9月に崩壊した炭窯、いろんな人たちに支えられ再チャレンジ。
3月22日晴天の下、右田翁の窯打ち歌の拍子に合わせて老いも若きもトントントン…。
べっぴんさんの炭窯に仕上がりました。
そして、地域の親子とシニアのコラボ企画「はたけへ行こう、畑で食べよう」も開催。
シンプルな企画の中にそのおもしろさがあるようです。
また、3月1日は、オールトランジションミーティングに参加させてもらいました。
隔てなき世界へと一歩ずつ一歩ずつ進んでいます。
そこで出会った方々が「ふだん着で探訪DAY」にも参加されました。
「窯打ち祭り」
「こども達に 新しい未来を!」
「隔てなき世界へ ATTミーテイングin大阪」
「限りある命が語る彼岸前」


★新しい世界へ一歩ずつ★
3月21日~26日、マイライフセミナー開催。初めて出会う、「かつてない新しい世界」。
「やさしく生きる」一歩を踏み出す六日間でもあるようです。
また、その会場となっているサイエンズスクール研修所の屋根に太陽光パネルが
設置され、ささやかながら太陽の恵みを活用できるようになりました。

「コミュニティ太陽光発電所スタート」


★『持続可能な社会づくりカレッジ』に向けて★
「これからの新しい持続可能なコミュニティや社会を
一緒に描いていきませんか?」と、PIESS NETWORK 東京の林悦子さん、
佐藤慎時・文美夫妻らによる教育プログラム「持続可能な社会づくりカレッジ」
に向けて各地で説明会を開催しました。
各地で「やさしい社会」づくりに向けての活動が展開しています。

「『持続可能な社会づくりカレッジ』に向けて」


************ 『やさしい社会』の入口コーナー ***************
☆マイライフミーティング;「何気ない日常を振り返ってみませんか・・・」
in鈴鹿 4月12日(土)19:00~ 13日(日)
in東京 5月18日(日)

ふだん着で探訪DAY;「アズワンコミュニティを訪ねてみませんか・・・」
4月5日(土)~6日(日)  4月19日(土)~20日(日)

マイライフセミナー;「やさしい社会への扉」
5月1日(木)~6日(火) 7月19日(土) ~24日(木)
******************************************************


*配信停止やアドレスの変更は以下のページから出来ます。
http://as-one.main.jp/HP/mm_form.html


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
=========================================
PIESSネットワーク事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28 SCS内
E-mail news@piess.net
URL   http://as-one.main.jp/
=========================================
メルマガ | - | trackbacks (0)

『持続可能な社会づくりカレッジ』に向けて

これからの新しい持続可能なコミュニティや社会を一緒に描いていきませんか?
エコビレッジやトランジション・タウンなど、持続可能なコミュニティや社会に関心のある方、気になる方など、只今、参加者大募集中です!!

そして、PIESS NETWORK東京の林悦子さんより、「持続可能な社会づくりカレッジ」の説明会をやってみてのレポートを紹介します。

●東京:地球環境パートナーシップにて(2/1)

カレッジを始めようと思った動機や背景を説明、そしてアズワンコミュニティ鈴鹿の片山弘子さんが、実際の暮らしを話しました。参加者の方たちは、人とのつながりに関心のある方や、これからコミュニティづくりやコミュニティ暮らしを始めようとする人たちでした。
説明会では、アズワンコミュニティの暮らしについて質問がありました。
・エコビレッジも何も知らなかったが、人とのつながりを大事に思っていて、今日はいろいろお話聞けてよかった。
・アズワンのパンフにある「子どもたちに残すもの」で「気風」
と書いてあって共感する。この言葉の意味合いがいい。

アズワンのメンバー数、ライフストア、経済(運営)についての質問もあり、アズワンコミュニティを熱心に聞いて頂いて、現場の暮らしについて関心が高いように思いました。

●滋賀県日野町にて(3/2)

日野町では、主催者の伯宮幸明さんが開催されている日野ローカルネットワークの参加者や、琵琶湖から来れられた8人の方たちが参加しました。参加者は、学芸員や農業、自然食居酒屋、地域活動している方、介護職など様々な職に携わっている方などで、自己紹介から始り、伯宮さんからは、昨年秋から月1回日野ローカルネットワークが始まり、移住者同士のネットワークとして、人がつながっていくところからやってきたが、アズワンコミュニティの紹介なども通して、新しい形のコミュニケーション(人の話を聴いて、持続可能な人間関係から)に取組んでいきたい、というお話の後、アズワンコミュニティの暮らしや人の話を聴いて、どう受け取っているか、ミニワークなども挟んで、カレッジの紹介をしました。

参加した感想、
・ワークなどもやってみて、心の様子を見て、考える余裕ができた。
・違いがあると分かっていても、説明力や伝え方が関係しているのか、分かって欲しい、伝えてほしい、というときに、愛をもって相手が思いっきり開放して伝えることと、自分も開放して聴くこと、自分をどう継続していくのかが難しい。
・経済面、コミュニティのイメージなどについて、持続可能な社会活動するグループと地域の人たちのとのつながりをどう築いていくのか、内面的な自己満足に陥らずやっていくために考えていきたい。


●京都:京都市のImpact Hub Kyotoにて(3/2)

京都では、これからの社会そして生活の在り方を根本から問いなおし、実践の可能性を探る「HUB研究会」の第2回目として、Hubの世話人である熊倉敬聡さんの主催で今回の会が催されました。HUBは、様々な社会活動のネットワークをつなぐ活動として、世界に60カ所あり、日本でも東京などで活動もしています。

Hub Kyoto の活動メンバーを含め、パーマカルチャーリストやトランジション京都で活動する方など、15名ほどの人が参加しました。
最初は、サイエンズ研究所の小野さんのアズワンコミュニティやサイエンズ研究所・スクールなどの紹介の後、「地域通貨や経済」、「心とサイエンズ」などについての質問がありました。

地域通貨については、相手と自分との関係性から相対的にやり取りする料金を決める、といったことや、サイエンズでは人としての成長と人間観、社会観をみていくには、心が一番のベースになること、環境によって人の心がどう成長していくのか、個人の心(内面の環境)と社会(外面の環境)から影響を受ける心の両面をみていくことが大事で、無意識まで切り込んでいくことなどについて、サイエンズ研究所の小野さんを交えて話し合いました。

最後の感想、
・アズワンコミュニティでは、コミューン(共同体)のように1カ所に共同で住むというのでなく、近住しながら、みんなで話合わない(敢えて話合わない)、話し合いたい人と話し合う、話し合う人同士がこの指とまれ方式で集まる、といった、手放しながら(コミュニティで)暮らすという形もあるのかと思った。
・分かち合いやシェアとは逆の方向に見えるが、みんなで話し合うのが良い・悪い、ということもなく、一切圧力のない暮らしを送るには、一人ひとりに人や社会に対しての根本的な信頼心があるのか、信頼関係が大事ではないか。

滋賀、京都も会の後の懇親会では、参加者のみなさんの体験やこれからの暮らしや希望をお互い交流し合ったりと、とても有意義な時間となりました。

今回の説明会やアズワンコミュニティ紹介の会では、様々な参加者のみなさんと出会う機会を頂いて、これから暮らしや社会を良くしていきたい、というみなさんの思いにエンパワーされました。また、交流も続けていきたいと思っています。

以下、『持続可能な社会づくりカレッジ』のお知らせです。

--------------------------------------------------------------
各地の情報 | - | trackbacks (0)

韓国で、新たに「研究所」がスタート

5年目を迎える韓国でのPIESS NETWORK活動が、次なる段階へ一歩前進しました。

江華島で、アズワンコミュニティと連携しながら進んできた柳相涌さんが、人や社会の本質を研究する研究所を設立しました。
その名も「人の本性に適した社会研究所」。
そして、ネットカフェ(コミュニティサイト)も開設しました。
(下の画像をクリックすると、HPが見れます)

ScreenClip.jpg
相涌さんからの紹介文です。
昔の家から出て5年ぶりに、屋根もなく壁もない巣をつくりました。
人の本性に適した社会研究所。
DAUMのオンラインカフェーです。

人の本性とは? それに適った生活と社会とは?
考えてみると、これは特定の誰かのための難しいテーマではなく、
人として私らしく生きたいという希望を表現する言葉であるようです。
一人ひとりが自分を失わず、生きていける社会。
その探求と実現のための小さな一歩を踏み出します。
実はみんなすでにその道を一緒に歩いているような気もします。

だんだん文章も載せていき、
道を作って、街路樹も植えられて、花も飾って、
誰でも便利に行き来して休める街を村を一緒に作っていきたいです。

人の本性に適した社会についての研究機会も定期的にソウルで始まるそうです。サイエンズ研究所とも連携しながら、人や社会についての本質を探る研究活動が韓国でついに始まります。そして、このネットカフェで、そのプロセスが公表されていくことになります。
韓国でのやさしい社会づくりの活動、アズワンコミュニティの最新情報、サイエンズスクールのコースの案内なども、このネットカフェから情報が発信されていくことになります。
相涌さん一人から始まった活動が、ついに社会的な活動へと発展してきて、この研究所発足の動きへと繋がってきたと言えるでしょう。

4月24日~27日、韓国では初めての「自分を見るためのコース」の開催が予定されています。「自分を知るためのコース」参加者からの強い要望で、すぐに日程が決まりました。本質的なものを探りたい意欲が高まっているのを感じます。

また、昨年11月に、ソウルYouth Hub 主催のカンファレンスに、アズワンコミュニティが招待され、講演しました。その時の様子がビデオで公開されています。
カンファレンスのテーマは「Reshaping the Way We Live」。
「社会を再構築していくにも、表面的な問題の解決にとどまらず、人間や社会の本質を探究して、それに適うものをつくっていく、そんなメッセージを韓国の若者に伝えたくて来た」というサイエンズ研究所の小野さんへのインタビューと共に編集されています。
(下の画像をクリックするとビデオが見れます)

ScreenClip[4].jpg

「人の本性に適した社会」という観点が、韓国社会に投じられて、芽を出しつつあるようです。
国際情報 | - | trackbacks (0)

隔てなき世界へーーオールトランジションミーテイングIN大阪

昨年の夏、「やさしい社会づくりの試み」アズワンコミュニティ鈴鹿として遠州で開催されたトランジション・タウンの夏祭りに参加しました。その後トランジション・タウンのお仲間に入れてもらい、昨年10月、東京で開催された「土と平和の祭典」にTT鈴鹿として参加。また、トランジションジャパン共同代表の吉田俊郎さんや榎本英剛さんらが、アズワンコミュニティ「ふだん着で探訪DAY」に参加されました。そして今年3月1日、大阪で開催されたオールトランジッションミーテイングに参加させてもらいました。

集合
     (画像は、クリックすると拡大します)

以下、オールTT大阪に参加した時の様子を、
宮地さんのブログ「かたつむり・つれづれ」から抜粋し、紹介します。

--------------------------------------------------------------
コミュニティ活動 | - | trackbacks (0)

PIESSニュース 49

春風そよそよ、草花プクプク、春ですねー。みなさんいかがお過ごしですか?
PIESS NETWORKの2月は、国内外共に行き来が活発化!
サイエンズ研究所の小野さんが韓国へ渡り、その一週間後に韓国から
サンマウル高校一行が来鈴。6日間のコミュニティ体験を満喫しました。
そして今は、鈴鹿から学生2名が韓国交流へ。
ここで触れる「やさしい気風」、そして交流する度、親しさもつながりも益々アップです!
「やさしい社会」の風が、あちらこちらでそよそよ吹き巡っています。
では、PIESSニュース49、2月後半の様子をどうぞ!

★大きなうねりへ---韓国がHot!!★
2009年に始まった韓国でのPIESS NETWOR活動。韓国は日本以上に厳しい環境にあるようですが、「やさしい社会」づくりの動きが、次第に大きなうねりになってきています。
2月16日から「自分を知るためのコース」が開催、みなそれぞれに本質的な方向へと一歩ずつ踏み出していきました。そして韓国社会の中で新しい社会を創っていくために、サイエンズ研究所と連携しながら、人と社会を研究する機関をつくっていこうとする動きも生まれてきそうです。

「大きなうねりへ---韓国がHot!!」


★韓国サンマウル高校生 コミュニティ体験交流★
「初めて会うのに初めてじゃないみたい」、
最初から隔たり無い、親しくなるのに理屈は要らない。
韓国サンマウル高校から交流生3人と先生方2人が6日間のコミュニティ体験をしました。
今回で5回目となるこの交流ですが、毎回、「やさしい気風」は人の心をやさしくしていくようです。

「韓国サンマウル高校生、コミュニティ体験中」
「知り合うごとに親しさアップ!」


★自然と本音になってくる★
アズワンコミュニティに触れる機会「ふだん着で探訪DAY」。施設や場所を見たり案内を聞くだけでなく、懇談会の時間がたっぷりあります。その懇談会では、なぜだかいつのまにか、本音が出てきてしまう。
着飾らない正直なところから見てみると…、普段気付かない自分に出会えるようです。

「自然と本音になってくる…、そこがおもしろい」


************** 『やさしい社会』の入口コーナー ************
☆マイライフミーティング 「何気ない日常を振り返ってみませんか・・・」
in鈴鹿 3月8日(土)19:00~ 9日(日) 4月12日(土)19:00~ 13日(日)
in東京 3月16日(日) 4月13日(日)

ふだん着で探訪DAY;「アズワンコミュニティを訪ねてみませんか・・・」
3月15日(土)~16日(日)  3月29日(土)~30日(日)

マイライフセミナー;「やさしい社会への扉」
3月21日(金)~26日(水)  5月1日(木)~6日(火) 
*************************************************


*配信停止やアドレスの変更は以下のページから出来ます。
http://as-one.main.jp/HP/mm_form.html


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
メルマガ | - | trackbacks (0)