人類に贈る!サイエンズメソッド



人類が初めて月面に立ったのはちょうど50年前(1969年)のこと。その前年にアポロ8号が月面から昇る地球の姿を撮影し全世界に届けました。地球の出(Earthrise)と呼ばれるその画像は、人類の意識に大きな影響を与えたとも言われています。青く光るその星の中で私たち人類は共存し暮らしているのです。地上では見えなかったその姿を遠く離れて眺めることによって、私たちは初めてその存在を知ることが出来たのではないでしょうか。

青い地球の光を人類が目にした最初でした。

ジョンレノンの名曲『イマジン』が作られたのもこの少し後です。

「The world will be as one.」(世界は一つになる)と歌われているその発想にもひょっとしたら影響を与えていたのかもしれません。



そして、私たちは、これから先、どこに向かおうとしているのでしょう。
物があふれ暮らしが便利になっても、人が人を強制し、縛る考えは営々と引き継がれてきて、社会は住みにくく、そこから自由になれていません。
こうした問題を根本から解決し、人間らしく生きられる方式が「サイエンズメソッド」です。今、その光が、人の中にある「ねばならない」という固定観念を消し去り、誰もが本心で生きられる社会を現しつつあります。

◆サイエンズメソッドについて(2019 サイエンズ研究所パンフより)

人類は、人間の考えで設けた善悪や決まりを共有し、それによって秩序や治安を保とうとする方法を数千年以上に亘って守り続けてきたようです。
この行き方には人と人の間に強制や束縛を必要とし、人の心に精神的な圧迫をもたらし、幼い頃から警戒心や対抗的感情を生じさせています。
このことが、人と人との争いなど人間問題の根本的原因であると考えています。

現状では、人に対して警戒心や対抗的感情を抱くのは当然という考えが根強いでしょう。そして、人間が善悪や決まりを共有し、強制や束縛を必要とするのも当然としているでしょう。しかし、この行き方では、いつまでたっても不正や犯罪や争いごとはあとを断ちません。
善悪や決まりを頑なに守ろうと努力し、そのために強制や束縛を必要としているかぎり、人間同士の抵抗や反発、争いはなくなりません。

このような人間問題の原因を根本から解消し、人間らしく生きられる社会を実現する道筋・方法として見出されたのが「サイエンズメソッド」です。

https://www.facebook.com/Scienz.Institute/app/190322544333196/
サイエンズ | - | -

苦手な人っていますか?



身近な人の中に、「この人苦手だな」と感じる人はいませんか? もし、そんな人がいたら、どんなふうにやっていますか。

下記に紹介するのはアズワンセミナーの参加者レポートですが、同じ参加者の中に、「苦手な人」がいた、というKさんの話です。セミナー中に、そのことをみんなに話しながら探究が進みました。

アズワンセミナーは、「サイエンズメソッド」を体験し学ぶ機会で、このメソッドによって、自分の固定観念に気づき、解放されて、自分の本心へと焦点が向いていきます。「苦手な人」と感じたKさん。はたしてどんなふうに進んでいったのでしょう…


◆苦手な人って?
  N・K 20代 女性

自分の内面を観察しつづけた

私はよく、この人苦手だな~。と感じて、自分とその人との間に壁のようなものをつくる。自分がそうしたいわけじゃないけど、自動的につくられる感じ。

セミナー中もあった。
相手の言動にそわそわしたり、目を見れなかったり、廊下ですれ違う時は緊張したり。何かを考えている時も、よく頭はその人の事を考えてるんだけど、頭が勝手に暴走している感じ。
アズワンセミナー | - | -

浜松で「人を聴くためのカレッジ」初開催!


「人を聴く」、ちょっと聞きなれない言葉ですが、人と社会を科学するサイエンズ研究所の研究から生まれてきました。会話や話し合いなどで、人の話しを聞くとはどういうことか、その本質をついた言葉のようです。「人を聴く」が実現できると人とのコミュニケーションや人間関係が本来のものへ、親しい間柄へと深まっていくようです。そんなカレッジが、鈴鹿の場所を離れて、今回、浜松で開催されました。



◆持続可能な社会づくりカレッジから始まって…

2月22日から24日までの2泊3日、浜松での「人を聴くためのカレッジ」に行ってきました。
持続可能な社会づくりカレッジとして5年前に始まって以来、初めてとなる鈴鹿以外の会場での開催でした。この間を振り返ってみると、カレッジを開催するためのベースとなるサイエンズメソッドという道筋・方法が、より明確になってきているのが大きいのを感じます。そして、サイエンズメソッドを学び体験して、実際に楽に生きられるようになってきている人たちが、浜松を含めて各地に現れてきていることが、何よりも大きなことだと思います。
来週3月1日から3日にかけては、イーハトーヴの地岩手の盛岡にて、同じく人を聴くためのカレッジが開催されることになっています。(北川道雄)



参加者の感想を紹介します。
各地への広がり | - | -

「人を聴くためのカレッジ」とは

サイエンズメソッドを体験しながら人の本質に触れられる場として「人を聴くためのカレッジ」を2泊3日で開催しています。アズワン鈴鹿コミュニティを会場に、コミュニティメンバーの事例トークも探究材料にして「人を聴く」とはを探っていきます。先回開催されたレポートをどうぞ! 今、このカレッジが全国各地で展開していこうとしています。



「人を聴く」ってどんなことでしょう。
私たちが言葉に出来ることは、本当の思いや気持ちのごくわずかにしかすぎません。
しかしとかく言葉や行動など表面に現れたものに反応するばかりに、感情的になったり行き違うことも多いようです。

その人そのものを知りたい、私そのものを知ってほしいというお互いが、
「その人」を聴こうとするところから、新しい「何か」が始まります。
何でも聴き合えるお互いから、どんな暮らしや仕事が展開していくでしょうか。
そんな「聴く」ということを、サイエンズメソッドをベースに体験的に学ぶ2泊3日のカレッジです。(「人を聴くためのカレッジ」の案内文より)




第3回「人を聴くためのカレッジ」が1月12日から14日で開催しました。
広島、兵庫、愛知、山梨、福島、そしてアメリカからと9名の参加者で、「人を聴く」ということについて、2泊3日の深い探究を続けてきました。
初めて会ったばかりの人たちが、3日間でここまで心がオープンになり、人と人との本質的な姿について、笑いが絶えることなく探究ができたということに、あらためて人間の素晴らしさを感じさせてもらいました。
これから各地で、本心でつながろうとする、小さな一歩ではあっても、大きな可能性を秘めた動きが起きてくる予感がしています。(北川)

教育プログラム > 持続可能な社会づくりカレッジ | - | -

サイエンズメソッド勉強会を八ヶ岳と東京で開催!

01s.jpg
一人ひとりが本来の人間性を発揮して自由に自分らしく生きる、良好な人間関係で暮らせるための「サイエンズメソッド」を体験してほしいと、八ヶ岳でシェアハウスを経営する平川浩之さんの呼びかけで「サイエンズメソッド勉強会」が2月上旬に八ヶ岳と東京で開催されました。平川さんのレポートを紹介します。


02s.jpg

サイエンズメソッド勉強会を八ヶ岳と東京で開催させていただきました。
 
<八ヶ岳でのテーマ>
自主性を養う子育てのポイント

良好な人間関係を持続するポイント①「人間の考えであることの自覚」

良好な人間関係を持続するポイント②「人を聴く」
 
八ヶ岳では3日間毎日テーマを変えて、1日だけでも、2日だけでも、3日間連続でも参加可能、東京では午後と夕方に2つのテーマの勉強会で、午後と夕方どちらでも参加可能という新たな試みでした。
八ヶ岳では各日10数名、東京では午後5名、夕方10名の方が参加されました。
参加するハードルを下げたことで、熱意と意識の高い多くのみなさんにご参加いただきました。
アズワンセミナー、アズワン見学会、ガイアエデュケーションに行きたいという方も数多く出てこられました。
 
鈴鹿以外で開催する場合は、1日の勉強会は多くの方に参加いただける大変オススメのやり方ですので、是非参考にされてください。
八ヶ岳でも、5月から9月のベストシーズンに、再度開催していただきたいと考えています。(平川浩之さん)

03s.jpg

【参加者の感想】

◆自分自身が自分の思考によって縛られていた!
アズワンネットワーク鈴鹿での活動について、以前から興味を持っていたので、ぜひ!と参加しました。
ひとつめ、印象的だったのは、『フィクション』という考え方です。
自分がこうだ!と思っていたことは、実は自分の中の認識でしかなくて、事実ではない、つまり『フィクション』だということ。
国境や人種やルールなども、すべては実際にあるわけではなく、思考によって作られたもの。そう考えると、とたんに自分自身が自分の思考によって縛られていた!ということに気づきました。
この気づきはとても大きくて、なにか、体がゆるむような感じがしました。
もうひとつ最後、参加者と一緒にシェアしたことが忘れられずに残っています。
『思い込み』は、『思い』と『込み』に分けられて、ただの『思い』なら衝突することもないけど、それが『思い込み』にまでなると衝突をうむ。
『込み』になると、とたんに『こうあるべき』になる。
その違いがわかったことで、気楽に物事を捉えられそうです。
ほんの、エッセンスのみでしたが、大きな気づきがたくさんあって、とても楽しかったです!さっそく鈴鹿ツアーに行ってみます!(市川恵梨子さん)
各地への広がり | - | -

自分の考えと実際との違いに気づくと…



私たちの行動を、意識と無意識とに分けてみると、意識して行動している部分は1%から5%程度で、ほとんどが無意識に行っているという研究結果があります。呼吸もそうでしょう。自律神経の働きも。瞼の瞬きも。歩くときの手足の動きも意識にはないでしょう。

そして、感情の動きも。何かにイライラしたり、不愉快に感じるのも、意識的なものではなく、勝手に体が反応して、意識に上ることだと思います。こうした無意識に起こる反応に私たちの行動は大きく影響されていませんか。
人の行動に自分がイライラしたり不愉快になって振り回されているとしたら…自分らしく生きたくても、生きているとは言えませんね。

こうした無意識に起こる反応を人間の知性を使って探究し、解消していく方式がサイエンズメソッドです。アズワンセミナーでは、サイエンズメソッドを体験しながら、学び、自分自身の内面を見ていきます。人と喧嘩したりイライラする原因の正体が明らかになっていくことで、怒りの感情も解消し、そして自分の本心に気づいていくというメソッドです。2月度セミナー参加者の感想を紹介します。(編集部:いわた)


アズワンセミナーに参加して  韓国・40代・女性

昨年、鈴鹿ツアーをキッカケにサイエンズメソッドについて知りたくなりました。

私は、韓国の「moontak network」(共同体)でいろんな勉強会を開き、人の生き方や哲学などを勉強しています。本から学んだことを日常の中に適応しようとしました。しかし、それはとても難しいことでした。

鈴鹿ツアー後、参加した3人が「うちにはメソッドがないかな?」と考えました。サイエンズメソッドの内容が私たちの勉強していることとほとんど同じ内容なのですが、私たちにはメソッドがないため日常生活が勉強したようになるのが難しいと思っていました。

そして、私は一番親しい友達と勉強のことで意見の違いで喧嘩をしました。そんなことがあり、なぜ、私は勉強しているかが分からなくなりました。私たち共同体のことと友達との問題を持ってセミナーに参加しました。
アズワンセミナー | - | -

幸せな人間関係になる“知恵”の発見!

ハーバード大学の75年に渡る研究によると、「幸せな人生とは、良好な人間関係にある」ことを明らかにしています。では、その良好な人間関係とは、どんな関係なのでしょう。また、どう築いていけるものなのでしょうか?

人とのコミュニケーションで、相手を警戒したり、建前で話していては、良好な関係にはなれません。日常の会話や話し合いが、どうなっているのか、そこを科学的な視点で観察してみると… 気づかないキメツケやトラワレが次々と発見されてきます。それは、良好な人間関係を理解することでもあり、同時に体験にもなるのです。
アズワンセミナーでは、そんな、人生を幸せにする探究をしていきます。日々苦労しているコミュニケーションの問題点が、たった6日間の探究で一生分の解決になるかもしれません。参加者のレポートをご一読ください。



↑2月度アズワンセミナー参加者&スタッフ

アズワンセミナーに参加して  神奈川県・30代・女性

◆コミュニケーションの問題点

「人とどうやって本音で幸せに生きていくことができるか」

いろいろな経験を経て、いつしかこれが私の重要なテーマになっていた。

本当のことを話せないと、結局は何もかもうまくいかなくなる、と心のどこかで感じていたのだと思う。

けれども、いくら本気で私ひとりが本音で生きていても、伝え方やコミュニケーションの仕方をいくら学んでもなかなかうまくいかない現実にぶち当たった。
アズワンセミナー | - | -

サイエンズメソッド勉強会@東京~ 本当の自分に還るためのメソッド ~

asone2.jpg

日時:2月12日(火) 13:30-16:30/17:00-20:30(テーマ別二部制)
場所:神明いきいきプラザ/集会室B(東京都港区浜松町1-6-7)

~ 本当の自分に還るためのメソッド ~
サイエンズメソッド勉強会
*2019年2月12日(火) 東京で開催

今回、サイエンズメソッドを体験版として、1DAY勉強会を東京で開催することにしました。

サイエンズ(ScienZ) は、Scientific Investigation of Essential Nature(本質の科学的探究)の頭文字 SCIEN と Zero(零・無・空・・・)の Z によるものです。
人の言動や、社会、あらゆる事象について、ゼロベースで、その背景や元にある内面・真相・原理を知ろうとする考え方を「サイエンズ」と呼んでいます。
サイエンズメソッドは、2001年に三重県鈴鹿市で発足した「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティー」の中で、ひとりひとりが本来の人間性を発揮して自由に自分らしく生きる、良好な人間関係を維持して暮らすために、人、社会を研究していて生み出されたメソッドです。

人間関係を良好にするためには、他人の言動に腹を立てなくなる自分を作ることが重要で、そのためには、「人はそれぞれで考えが全く異なる」ということを悟るレベルまで自覚することが必要です。また、人が本来の人間性を発揮するには、まず、家庭、学校、仕事など現代社会で染みついた自分や他人を責める意識、「~すべき」「~してはいけない」という自分が自分を縛る意識を手放すことが必要です。

「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティー」では、コミュニティーメンバー以外も参加可能なサイエンズメソッドの勉強会を開催しています。
鈴鹿での勉強会は、全8コース、1コースあたり4日間から8日間の合宿形式ですが、多くの方々に体験いただく機会を設けたいと思い、企画しました。

テーマが異なる2部制になっており、片方だけでも、両方受講いただいても結構です。
特に、子育て、良好な人間関係、コミュニティー作りに関心のある方、会社経営者にオススメです!

<概要>
◆日程、テーマ
2月12日(火) 13:30-16:30 自主性を養う子育てのポイント
2月12日(火) 17:00-20:30 良好な人間関係を持続するポイント
           「人の考えであることの自覚」
◆講師  小野 雅司  サイエンズ研究所(鈴鹿市)
◆場所  神明いきいきプラザ/集会室B
    東京都港区浜松町1-6-7
    (最寄駅:JR浜松町駅、都営地下鉄大門駅)
◆参加費 1部2,500円、2部2,500円、1部+2部5,000円
◆定員  各日20名
◆主催者 一般社団法人Dream Society
◆申込み、問い合わせ先
     メール info@dream-society.com

子育て、良好な人間関係、コミュニティー作りに関心のある方に、特にオススメです!

長野県諏訪郡原村にあるリングリンクでも、2/3(日)-5(火)に勉強会を開催します。
https://www.facebook.com/events/2198891223699259/
ニュース・イベント | - | -

SmileMAPミーティング(下関)

山口.jpg

日時:2019年2月11日月曜日 18:00〜22:00
場所:あとりえ空と(下関市 垢田の辻近くです)

心地よい人々の関わり合いを目指す
Smile MAP(スマップ)ミーティング‼️

イノシシ年 2回目。
2月の下関のKimiさんちでのSMAPミーティングは、
【そらとカフェ@TUR8食堂】からの〜開催です。
Kimiさんの手料理をいただいたあと…
アズワン的な話ができたら幸いです。

場所は、下関市 垢田の辻近くです。
参加者に直接メッセしますので、参加者は、参加表明とともに、一言メッセください。

暖かいコーヒー、お茶や水など以外で、
ご自身の飲みたいもの、シェアしたい食べたいものなどがあればお持ちくださいませ。

参加費として500+500〜800えんくらい(お食事される方)をご準備いただければ嬉しいです(^-^)/ 値段は、材料によります。
何がでて来るのか、そこはそらとカフェのあとのKimiさんにお任せして、野菜たっぷり、美味しい料理をいただきましょう!

ドネーションは、大歓迎です!


以下はオープンハウスの主旨でーす。
アズワンコミュニティ鈴鹿(三重県鈴鹿市)をお手本に心地よい話し合いをしたいと思います。

アズワン…ジョン・レノンの名曲Imagineの一節「The world will be as(アズ)one(ワン) (世界は一つになる) 」から命名。

理想の世界を歌ったこの歌のように、一人一人がストレスなく働き、お金の心配をせず幸せに暮らせる「やさしい社会」のモデルを、15年の試行錯誤の末に生み出し、注目を集めています

アズワンコミュニティ鈴鹿の目的は、争いのない幸せな世界の実現だそうです。

アズワンに通えば通うほど、
心地よく、ラクに生活できるようになっています!

そんな話、こんな話もありありな集まりです!
ぜひ、お氣軽にご参加くださいませ。

参加の場合は、参加表明とともに、
いらっしゃる時間や、ごはんの有無、滞在時間等をメッセージ送ってくだされば、幸せます!

http://as-one.main.jp/suzuka/ac/
ニュース・イベント | - | -

アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティー勉強会@八ヶ岳

リンク・リンク
★開催日 2019/2/3,4,5
★場 所 リングリンクホール(長野県諏訪郡原村17217-1699)

アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティー勉強会
*2019年2月3日(日)~5日(火) リングリンクで開催
*1日だけ、2日だけ、3日間連続受けても大丈夫です。

2001年に三重県鈴鹿市で発足した「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティー」では、ひとりひとりが本来の人間性を発揮して自由に自分らしく生きる、良好な人間関係で暮らせるために、人、社会を研究していて、コミュニティーメンバー以外も参加可能な勉強会を開催しています。

私も2018年6月以降、7コース、合計40日間勉強会に参加しました。40日間の学びは一言で表現できませんが、敢えて端的に表現すると、

人間関係を良好にするためには、他人の言動にいちいち腹を立てなくなる自分を作ることが重要で、そのためには、「人はそれぞれで考えが全く異なる」ということを悟るレベルまで自覚することが必要です。また、人が本来の人間性を発揮するには、まず、家庭、学校、仕事など現代社会で染みついた「~すべき」「~してはいけない」という自分が自分を縛る意識・思考を手放す必要です。

多くの方は40日間学ぶための時間を確保するのは容易ではありませんので、大変素晴らしかったアズワンでの学びを共有したいと思い、今回、3日間の1DAY勉強会を開催することにしました。

<概要>
◆日程、テーマ
2月3日(日) 自主性を養う子育てのポイント
2月4日(月) 良好な人間関係を持続するポイント①
     「人の考えであることの自覚」
2月5日(火) 良好な人間関係を持続するポイント②
     「人を聴く」
 *各日13:00-17:00開催

◆講 師 小野 雅司  サイエンズ研究所(鈴鹿市)
◆場 所 リングリンクホール
      長野県諏訪郡原村17217-1699
◆参加費 1日2,500円、2日5,000円、3日7,500円
◆定 員 各日15名
◆主催者 一般社団法人Dream Society
◆申込み、問い合わせ先
     メール info@dream-society.com

1日だけでも、2日だけでも、3日間連続受けていただいても結構です。
特に、子育て、良好な人間関係、コミュニティー作りに関心のある方にオススメです!

--------------------------------------
リングリンク イベント情報
--------------------------------------
リングリンクは八ヶ岳中央高原にある音楽ホール付きのシェアハウスです。ここでは、理想の未来づくりのために、健康、子育て、平和な社会(縄文、先住民族、アナスタシア、アズワンコミュニティーなど)に関するイベントを開催しています。

◆12/21(金) ベリーダンス&音楽ライブショー
https://www.facebook.com/events/580064019097604/

<東京でのイベント>
◆12/24(月) 縄文と先住民族
縄文と先住民族の各専門家による対談です。
https://www.facebook.com/events/657080338018547/
ニュース・イベント | - | -