アズワンネットワークニュース vol.6

まだまだ寒い日も続きますが、春の兆しも感じられるこの頃です。
みなさんいかがお過ごしですか?
「アズワン」とは、世界は元々「一つ」であることを表しています。バラバラの対立する社会から、すべてが調和した「一つ」という次の社会像を希求する人が多くなっているようです。
そして、様々な分野で活動する人達が、囲いや隔てなく協力し合いながら、より良い社会を創り出していこうという流れができつつあります。
その中で、わたしらしく生きられるアズワン鈴鹿コミュニティの実践が各地で注目されつつあり、ここを舞台に「学ぶ人達」も増えてきています。
では、2月のアズワンネットワークニュースをどうぞ!




●人を尊重する社会を創る教育プログラム
アズワン鈴鹿コミュニティを舞台に各種の教育プログラムが開催されています。
ユネスコ認証の持続可能な暮らしを実践する包括的な学びの機会「ガイアエデュケーション」には、日本を代表する人間味あふれる講師陣が集い、4月から鈴鹿コミュニティでスタートします。
「人のための会社経営」を学ぶ経営カレッジも第5回目が開催され、人を大事にする組織が実現可能だということに希望を感じる人が生まれました。
2月24~26日は、第8期の持続可能な社会づくりカレッジの第2回目が開催されました。
東アジアの国際学生交流プログラムに関する国際会議でも発表する機会をもらい、若い人材育成の一役も担っていく可能性が出てきています。



ガイアエデュケーションの記事が中日新聞に載りました
人のための組織とは?
普通の人の普通の暮らし方、働き方が社会を変えていく
立教大学の国際会議にてアズワンの紹介




アズワンネットワークのセミナー
アズワンセミナーは、アズワンの16年間の実践と研究の実績から生まれてきた、わたしらしく生きるためのセミナーです。
アズワンスタイルのミーティングを体験できる画期的な内容のセミナーです。
そして、各地でセミナーを受講した人達が自発的に報告会を開催しています。
自分の地元でセミナー開催を企画したいという希望から、沖縄でのセミナーの開催も決まりました。



アズワンセミナー参加報告会(オンライン)がありました
3月アズワンセミナー
沖縄セミナー開催




●各地での活動も活発化
2月25日には、盛岡で、おふくろさん弁当に関する講演会が開催されました。
九州では各地でアズワンのお話会が開催されているようです。
韓国やブラジルでもアズワンネットワークの活動が本格化。
鈴鹿コミュニティから始まった「わたしらしく、その人らしく生きられるコミュニティ」の試みは、日本各地から世界に広がりつつあります。



アズワンネットワーク 今の情勢は!?
長崎でアズワンお話会--西九州への旅より
佐賀・武雄市でアズワンお話会ー西九州の旅の終わり
アズワンお話会&シェア会が福岡県新宮町でありました
盛岡でおふくろさん弁当社長係のセミナーが開催されました





●鈴鹿コミュニティに続々と
2月になり、アズワン鈴鹿コミュニティを訪れる人が急増しています!
コミュニティづくりを模索する人、島に移住して新しい社会を創ろうとする若者達、人と人との安心したコミュニケーションを求めている人、社会運動を進める人達など・・・。そして、探訪を通して、自分の中にある願いに気づき、「未来の社会を感じました!」という感想を残す人もいます。



一緒にやろうぜ!! ~コミュニティづくりを模索する若者たちが探訪DAYに
アズワンネットワーク韓国のつながりで大探訪団
未来の社会を感じました!~徳島から探訪団
私が目にしたこと、耳にしたこと、感じたこと




●鈴鹿コミュニティでは
様々なコミュニティビジネスや各種の市民活動が、それぞれ自発的に展開され、関連し合い、つながり合い、調和しながら、一つのコミュニティとして、発展していっています。

ダンボールコンポスト講座が開催されました!
SUZUKA FARM 2月だより
「理想の暮らしを語る会」 の公開講座




******** 『アズワンスタイル』の入口コーナー *******
☆アズワンミーティング;「何気ない日常を振り返ってみませんか…」
●3月11日(土)19:00~12日(日) 鈴鹿コミュニティ
 連絡先:suzuka@as-one.main.jp
●3月19(日) サイエンズミーティング@アズワンネットワーク東京
 連絡先:080-5503-3015(城石)

探訪DAY;「アズワン鈴鹿コミュニティを訪ねてみませんか…」
●3月 4日(土)~ 5日(日)
●3月11日(土)~12日(日)
●2月18日(土)~20日(月)←2泊3日
●2月25日(金)~26日(日)

アズワンセミナー;「わたしらしく生きるために アズワンセミナー」
●3月18日(土)~ 3月23日(木)
●3月25日(土)~ 3月30日(木)(←沖縄開催)
●5月 2日(火)~ 5月 7日(日)
**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】

*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28 SCS内
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

「話し合い」についての認識が変わりました

1月から始まった第8期持続可能な社会づくりカレッジ。その第2回が、2月24日から26日で開催されました。
第2回のテーマは、コミュニティづくりのベースとなる「話し合い」とは、です。話し合いにいついて、深く掘り下げた探求がなされたようです。


北川道雄さんのFacebookから紹介します。
第8期持続可能な社会づくりカレッジ、第2回が26日に終了しました。3回シリーズの2回目は、カレッジならではのテーマである「話し合い」についてです。
人と人がいて、人間関係があるところに、必ず「話し合う」ということがあるのですが、どういうことなのかを掘り下げて探ってみる機会はあまりないように思います。話し合えないために行き詰まってしまう活動や人間関係が多いように見えるのですが、カレッジに参加することで、少しずつ話し合える人になり合っていくことができるように思います。
第2回参加者の感想を紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「話し合い」=「何か事柄を決める、というゴールのある場」という認識から、「お互いの気持ちを聞き合う、伝え合う場」に変わりました。
・自分の中でモヤっとしたり、気持ちを伝えられない時は、何か思い込みがあるんだな、と気付きました。
・何でも話し合える自分の状態になりたいので、そのために
 相手の気持ちは直接聞いてみないと絶対に分からない
 素直な気持ちを伝えて関係が悪くなることはない(一時的に距離が離れたとしても、いつか戻る)
 何か思い込みはないか?
 まず自分はどうしたいのか?
この4つをいつも問いかけ続けていきたい。
また「心の探求」の会を開いて、みんなでやっていきたい。
自分の思い込み、捉われにどんどん気付いていきたいです。
各地の情報 | - | -

盛岡でおふくろさん弁当社長係のセミナーが開催されました

2月25日(土)に盛岡市内で、おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんによる、「働く人が幸せになる会社作りセミナー」が開催されました。心を心で運営する会社の話しが、たくさんの参加者の方たちの心に響いたようです。
宮沢賢治からつながるイーハトーヴの地にとっても、新しい生き方の種まきがされて、これから広がっていきそうです。

Facebookから、龍さんの投稿と二人の方の感想を紹介します。
「働く人が幸せになる会社作りセミナー」in盛岡
たくさんの皆さんにご参加頂いて、本当に嬉しかった~(^O^)
心を心で運営する会社の話し、盛岡の素朴で綺麗な心のある皆さんに届いたかなー
本当にありがとうございました





【新しい形の組織】
規則、命令、上司、責任がない会社が存在しています。
その本を年末に読み、その形態や何でそんなことが出来るのかというとこに興味深々に。
そんな会社の社長係(形式上の代表の役割)さんの講演が盛岡であったので行ってきました。

そんなことは出来っこないと思ってましたが、コミュニティづくりのヒントを得た感じです。
疲弊しない組織づくりにも繋がります。
良くある会社の一般的な「常識」
仕事できる、早い人=上に立つ人
仕事できない人、遅い人=下にいる人
というところから疑い、その形を壊すというところから始めたとか。
給与体系も相談で決めるとか。
謎が多い、??だらけの会社ですが
普通を疑うのは
大切な作業かも知れません。
各地への広がり | - | -

盛岡でおふくろさん弁当講演会

2月25日に盛岡市で、あすからのくらし相談室・盛岡【npo法人くらしのサポーターズ】さんの主催で、おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんの講演会があります。
働く人が幸せになる会社づくりセミナー
ニュース・イベント > 各地のイベント | - | -

ガイアエデュケーションの記事が中日新聞に載りました

2月24日の中日新聞に、4月から開催されるガイアエデュケーションについてのインタビュー記事が載りました。
昨年6月の記事と同じく、「Viva 地球」というコーナーです。

メディア情報 | - | -

アズワンセミナー参加報告会(オンライン)がありました

アズワンセミナー参加報告会が、2月23日にオンライン(Zoom使用)でありました。
今年1月の第1回アズワンセミナーに参加した桑原康平さんの主催で、今回が3回目になります。
Facebook上の、桑原さんによる報告を紹介します。

アズワンセミナー参加報告会の報告です。
先ほど2/23の昼間に7名の参加を得て、開催しました。
僕たちが参加したのが今年の1/4-9なので一月半経って出てきたものもシェアされました。
今回の報告者は前回、前々回と同じ藤田さん、たけ 赤塚 丈彦、Zoom提供と機械のサポートをしてくれたのはさわさん 佐藤 さわさんです。
今回僕自身の報告の一部を書いてみると
まずアズワンそのものについて、世界中のみんなで幸せになろうという理想の追求と現実の実践を、研究所と鈴鹿にあるコミュニティそして全国と世界に広がるネットワークで16年やり続けている人たちだということです。研究をベースにおいていること、都市での共生的実践がとても僕を惹きつけています。
そしてそのために知識や経験をおいてゼロから探求している人たちでもあります。
僕が参加したアズワンセミナーの6日間は、4つの次元のことが同時並行に進んでいました。
・自分の探求:セミナーで出される問いを深めていく。
・協働の探求:一緒にセミナーを体験する仲間とチームを熟成し、関係構築をしながら、探求を深めていく。
・アズワンの世界を知る:アズワンがどんなことを考えているかをセミナーを通して知っていく。
・アズワンの世界を体験する:アズワンの世界観をセミナーを通して体験していく。
特に4つ目の次元での報告をしていきました。
このセミナーの体験は、アズワンが名前のとおり大事にしている「アズワン」(すべてがひとつで、つながっている)を体験する時間で、それは6日間セミナーでの探求と生活をともにすることによって体験することが出来ました。
出合ったばかりのメンバーが、問いとともに探求し、朝の掃除をし、食事の準備や片付けをしするなか時間を経るにつけ、始めは意識的に分担していたことが、自然と分かち合い、誰かがお風呂の掃除をし、トイレ掃除をし、廊下に掃除機をかけ、またコタツを囲みながら、誰かがみかんを持ってきたり、お茶を注いだり、それは自他の領域が薄まり、他者の行動に自分を見、自分の身体も他者の延長として使われる感覚でした。
別の例えをすると、誰かが食事をしているのを眺めながら自分のお腹も満たされ、誰かが楽しそうにしていると自分も楽しい。そんな感覚でもあります。多くの親が子どもを通じて感じる体験。自分の大事な人(恋人、パートナー、友人)が喜ぶと自分も嬉しい。そんな体験です。実際僕は他の人が食事をしているのを見ながらお腹の半分は満たされていました。
(実はこの話は前日にあった読書会のおかげでもあります。読書会のメンバーありがとう!)
自分にとって大事な人とのつながりはより感じやすいと思います。それを少しずつ拡張することで、世界中が幸せになることにつながると考えています。
また、別の話もしました。
たとえば、どんなアプローチ方法をとったのか、どんなプロセスを経たのか、安心安全な場の条件は、そしてお金、所有、仕事の話も。すべてを答えにたどり着けるまで話したわけではありませんが、入口に立ていること、そして少々傷もつきながら、試みを続けていることを実感しています。
次回以降の報告会は決まっていませんが、もし興味があればお声掛けください。
また今日書いてないこともどこかで報告していきます。
各地への広がり | - | -

私が目にしたこと、耳にしたこと、感じたこと

2月はアズワン鈴鹿コミュニティ探訪に来られる方々が続いてます。
今日は、18日~19日に開催された探訪DAYの写真と感想をどうぞ!

ここに関してまだ未知のことだらけだけど、心開いても大丈夫かな、と思えるような安心感に満ちた場所だったなぁ~というのが初回探訪直後の感想。
また行きたい。



生きていく中で、幸せをつくり出すための実験を生活の中でされていることがすごいなぁと思いました。
お互いの支え合いや関係性について深く考えること、自分の思いについて深く考えることを何より大切にされている感じが、今の自分にとって、とても大切な事のような気がしています。

以下、参加された方のFacebookより抜粋し、紹介します。
鈴鹿コミュニティ > アズワン鈴鹿ツアー参加者の声 | - | -

立教大学の国際会議にてアズワンの紹介

2月19日(日)、立教大学での「東アジアにおける連帯経済・社会的企業国際学会」において、アズワン鈴鹿コミュニティとおふくろさん弁当の報告をしました。
GEN-Japan(えこびれっじネット日本GEN-Japan)で一緒に活動している、立教大学の空閑教授の紹介によるものです。
韓国などの若い学生たちとの交流も、これから具体的にできてきそうです。
Facebookから紹介します。



今日は、立教大学へ。
東アジアにおける連帯経済・社会的企業国際学会の中の、
学生の国際交流プログラムの分科会での発表です。
片山弘子さんが英語で、アズワン鈴鹿コミュニティやおふくろさん弁当の報告や海外の若者たちの受け入れについて発表しました。
GEN-Japanで共に活動している空閑さんも、小川町での実践を発表。
韓国の大学生との国際交流プログラムの話も具体的になっていきそうで、楽しみです。(小野雅司)

今日の会で、韓国から見えている学者の方と、立教大学の先生方に出会いました。次の世代、まだ柔軟な間に、若い人たちに、新しい社会の可能性を経験してほしいと願っていらっしゃって、同じ願いをもって活動をされていることを確認し合うことができました。本当にうれしかったです(片山弘子)
各地への広がり | - | -

未来の社会を感じました!~徳島から探訪団

2月15日~16日、徳島からアズワン鈴鹿コミュニティ探訪DAYに来られた方々の感想を紹介します。

鈴鹿コミュニティ > アズワン鈴鹿ツアー参加者の声 | - | -

アズワンネットワーク韓国のつながりで大探訪団

2月10日(金)~13日(月)、韓国から大探訪団が来訪しました。
韓国江華島でアズワンネットワーク活動をしているユ・サンヨン氏の呼びかけで集まった方々です。生協、農協、浄土会に関わる方々、農業、雑誌編集、弁護士などなど多彩な顔ぶれでした。

鈴鹿コミュニティ > アズワン鈴鹿ツアー参加者の声 | - | -